(最終更新日:2020-04-28 11:35:15)
  タカハシ シュンスケ   TAKAHASHI Shunsuke
  高橋 俊介
   所属   東京電機大学  理工学部 理工学科 生命科学系(2018年度新設)
   職種   助教(任期付)
■ 現在の専門分野
ナノマイクロシステム, 分子生物学, 生物物理学 (キーワード:合成生物学、1分子イメージング) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  スマートセルインダストリー―微生物細 胞を用いた物質生産の展望―  2018/06
2. 論文  Mechanism-based tuning of insect 3,4-dihydroxyphenylacetaldehyde synthase for synthetic bioproduction of benzylisoquinoline alkaloids. (共著) 2019/05
3. 論文  A New Method for Immobilization of His-Tagged Proteins with the Application of Low-Frequency AC Electric Field (共著) 2018/03
4. 論文  Direct single-molecule observations of DNA unwinding by SV40 large tumor antigen under a negative DNA supercoil state (共著) 2018/01
5. 論文  高電圧パルス印加による「その場」タンパク質抽出固定化技術の開発 (共著) 2017/01
全件表示(13件)
■ 所属学会
1. 2012/08~ 日本分子生物学会
2. 2015/09~ 化学工学会
3. 2016/06~ 静電気学会
■ 職歴
1. 2015/04~2016/09 日本学術振興会特別研究員 DC2
2. 2016/10~2016/12 日本学術振興会特別研究員 PD
3. 2016/12~2020/03 神戸大学 科学技術イノベーション研究科 学術研究員
■ 学歴
1. 2008/04~2012/03 群馬大学 工学部 環境プロセス工学科 卒業
2. 2012/04~2014/03 群馬大学 工学研究科 環境プロセス工学専攻 修士課程修了 修士(工学)
3. 2014/04~2016/09 群馬大学 理工学府 環境創生理工学領域 博士課程修了 博士(理工学)
■ 学会発表
1. 2011/12 開発した2種類の1本鎖DNA可視化方法の比較検討(第34回日本分子生物学会年会)
2. 2012/12 Development of Immobilization Technique for Circular DNA(The 4th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering)
3. 2012/12 DNA分子の高効率固定化法の開発(第35回日本分子生物学会年会)
4. 2012/12 Immobilization of His-tagged Proteins through Interaction with L-cysteine Electrodeposited on Modified Gold Surfaces(The 4th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering (AMDE))
5. 2012/12 バイオマス由来の有機化合物分解を目指した金ナノ粒子の比較検討(第35回日本分子生物学会年会)
全件表示(71件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~  1分子レベルでのクロマチン構造の動的変化の解析技術の開発 若手研究 
2. 2015/04~2016/12  DNAおよびDNA代謝酵素の1分子蛍光観測による動態解析 特別研究員奨励費 
3. 2014/04~2015/03  DNA形態制御技術を用いた1分子レベルでのDNA複製開始反応のリアルタイム観測 その他の補助金・助成金