ヤマモト ヒロキ   YAMAMOTO Hiroki
  山本 宏樹
   所属   東京電機大学  理工学部 共通教育群
   職種   准教授
発表年月 2017/03
発表テーマ 平成28年度厚生労働省社会福祉推進事業 子どもの学習支援事業の効果的な異分野連携と事業の効果検証に関する調査研究 報道発表
主催者 NPO法人さいたまユースサポートネット
開催地名 埼玉県さいたま市
会議区分 その他
講演区分 メディア報道等
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 青砥 恭(NPO法人さいたまユースサポートネット代表理事)
佐藤 博(社会福祉法人雄勝福祉会人材育成次長)
山本 宏樹(東京電機大学助教)
土岐 玲奈(千葉大学非常勤講師)
小澤 浩明(東洋大学教授)
濱沖 敢太郞(一橋大学大学院博士後期課程)
金子 由美子(NPO法人さいたまユースサポートネット理事)
林 明子(大妻女子大学特任講師)
藤間 公太(国立社会保障・人口問題研究所研究員)
松村 智史(首都大学東京大学院博士後期課程)
南出 吉祥(岐阜大学准教授)
渡邉 綾(一橋大学大学院博士前期課程)
青砥 祥子(NPO法人さいたまユースサポートネット)
概要 「自治体などが実施している貧困家庭の子ども向けの学習支援事業について、利用した中学生は友人や大人との関係が良くなる傾向があるとの調査結果を、NPO法人「さいたまユースサポートネット」が21日発表した。支援には成績の向上だけでなく、社会とのつながりや自己肯定感などを高める効果がうかがえると分析している。」http://mainichi.jp/articles/20170322/ddm/012/100/092000c
Copyright 毎日新聞