ムカワ ナオキ   MUKAWA Naoki
  武川 直樹
   所属   東京電機大学  システムデザイン工学部(2017年度新設) デザイン工学科(2017年度新設)
   東京電機大学  情報環境学部 情報環境学科
   東京電機大学大学院  情報環境学研究科 情報環境学専攻
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報通信メディア工学専攻
   職種   教授
発表年月日 2008/09
発表テーマ 結晶格子上に構築される3次元ウェーブレット
会議名 応用数理学会ウェーブレット研究部会
学会区分 研究会・シンポジウム等
発表形式 口頭(一般)
開催地名 千葉(東京大学柏の葉キャンパス)
発表者・共同発表者 遠藤智子 坂本直道 安野拓也 武川直樹
概要 結晶材料設計において重要な分析ツールとなる3次元ウェーブレットを提案する. 提案するウェーブレットは,3次元空間の結晶格子上に定義される.
これまでの斜交座標系の標本化格子上に定義される3次元ウェーブレットと 異なり,結晶解析に必要な原子の大きさや軸間角度の定数を導入することによって,結晶格子の種類,結晶軸,格子欠陥の抽出が可能となった.