ドヒ シンイチ   DOHI Shinichi
  土肥 紳一
   所属   東京電機大学  システムデザイン工学部(2017年度新設) デザイン工学科(2017年度新設)
   東京電機大学大学院  情報環境学研究科 情報環境学専攻
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報通信メディア工学専攻
   東京電機大学  情報環境学部 情報環境学科
   職種   教授
発表年月日 2005/09/18
発表テーマ モチベーション志向情報教育システム(SIEM)の実践と効果ⅢーSIEM実践による教育効果について
会議名 日本教育心理学会,第47回総会論文集
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
開催地名 浅井学園大学(北海道大麻)
発表者・共同発表者 宮川治,土肥紳一,今野紀子
概要 一般的にプログラミング教育の現場では,授業時間内で多くのプログラム課題を学生に提示し、いかにたくさんのプログラムを作らせるかといった「質より量をこなす教育」が重視されている。同時に、簡潔な(短い)プログラムを一つのユニットとしてその組み合わせにより高度なものを作り上げるといった考え方よりも,長いプログラムが高度なものであるといった間違った考え方も見受けられる。その弊害として,学生がプログラムをじっくり考えるといった過程が軽視され,機械的に作業をさせるだけが目的の授業もある。このような授業では誰かの解答をコピー・提出して終るのも当然である。
376