ドヒ シンイチ   DOHI Shinichi
  土肥 紳一
   所属   東京電機大学  システムデザイン工学部(2017年度新設) デザイン工学科(2017年度新設)
   東京電機大学大学院  情報環境学研究科 情報環境学専攻
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報通信メディア工学専攻
   東京電機大学  情報環境学部 情報環境学科
   職種   教授
発表年月日 2006/09/05
発表テーマ プログラミング教育における学習者の性格特性と学習意欲の関係
会議名 情報科学技術フォーラム(FIT2006)
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
開催地名 福岡(福岡大学)
発表者・共同発表者 今野紀子,土肥紳一,宮川治
概要 情報教育の側面では,2003年度より高等学校の必修授業として普通教科「情報」が導入され,一部の理工学系学生に限られていた情報教育が,現在は文系を含め誰でもが習得する機会のある学問分野となっており,プログラミング教育においても対象者の裾野の広がりを見せている.教育者側は,その点を認識し,多様な学習者に配慮した教育が必要とされる.しかしながら,プログラミング教育のあり方を,教育者側の視点ではなく,学習者側の視点から分析,検討した研究は未だ少ない.我々は,学習者の学習意欲(モチベーション)に着目し,大学での情報教育におけるプログラミング教育の手法として,学習者がやる気を高め,「もっと勉強したい」「技術を身につけたい」といったモチベーションを向上させるための教育システムであるSIEMを提案し,実践している.今回の研究では,プログラミング教育を行う上で,学習意欲と学習者の性格特性にどのような関係があるのか調査分析し,学習者集団でのメタ認知を利用し,学習者の自助努力を促進させ、教育者と学習者の集団の特性に合わせた情報教育を行うには,どのようにしたらよいのかを検討する.
p334-p335