ドヒ シンイチ   DOHI Shinichi
  土肥 紳一
   所属   東京電機大学  システムデザイン工学部(2017年度新設) デザイン工学科(2017年度新設)
   東京電機大学大学院  情報環境学研究科 情報環境学専攻
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報通信メディア工学専攻
   東京電機大学  情報環境学部 情報環境学科
   職種   教授
発表年月日 2016/12/16
発表テーマ 情報教育のための教室内のICTを活用した空気の測定および改善
会議名 2016年度年次大会講演会
主催者 大学ICT推進協議会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
開催地名 国立京都国際会館
概要 教室内にBYODの機器が持ち込まれると,その発熱に加え,受講者自身の発熱や水蒸気が生じ,教室内の気温と湿度が上昇する.これらは,空調の温度設定によって比較的容易に制御できる.もう一つ注目すべき点は,受講者の呼気に含まれる二酸化炭素である.教室内に多くの受講者が集まると,二酸化炭素濃度は上昇する.筆者も長年,情報教育を担当してきたが,本研究を行うまでは二酸化炭素濃度を意識して授業を行ったことはなかった.一般的に二酸化炭素濃度が1000ppm(0.1\%)を超えると,眠気等の症状を誘発すると言われているが,情報教育の現場では意識されていないのが現実であろう.
本論文では,情報教育を実施する大規模や中規模の授業を対象に,空調等の環境が異なる教室内の空気を測定した.その結果と改善策について述べる.
p1-p8