ドヒ シンイチ   DOHI Shinichi
  土肥 紳一
   所属   東京電機大学  システムデザイン工学部(2017年度新設) デザイン工学科(2017年度新設)
   東京電機大学大学院  情報環境学研究科 情報環境学専攻
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報通信メディア工学専攻
   東京電機大学  情報環境学部 情報環境学科
   職種   教授
発表年月日 2015/09/02
発表テーマ 基礎英語を対象としたSIEMの実践効果
会議名 平成27年度工学・工業教育研究講演会
主催者 日本工学教育協会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 九州大学伊都キャンパス
発表者・共同発表者 土肥紳一,宮川 治,今野紀子,相羽 千州子
概要 SIEM (School of Information Environment Method: ジーム)はプログラミングの入門教育を対象に受講者のモチベーションの向上を目指し,情報環境学部で開発した教授法である.プログラミング入門教育以外でも,科目に応じた評価尺度を開発することにより,SIEMの思想を適用できる.英語を担当する教授者の協力の基,英語版のSIEMアセスメント尺度を開発し,継続的な分析を行っている[1].情報環境学部の英語科目は,学生の学力低下・モチベーションの低下に伴い,2011 年度に「基礎英語I・II」を開講した.また,2013 年度に科目等の見直しがあり,「基礎英語I・II」クラスの増設を行った。見直し以降の継続的な実践効果を述べる.
p52-p53