イワイ マサユキ   IWAI Masayuki
  岩井 将行
   所属   東京電機大学  未来科学部 情報メディア学科
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報通信メディア工学専攻
   東京電機大学大学院  未来科学研究科 情報メディア学専攻
   職種   准教授
発表年月日 2013/09
発表テーマ フィールド調査負荷を考慮した動物の生態行動を逆利用したデータ運搬手法の提案
会議名 第12回情報科学技術フォーラム FIT 2013
主催者 情報科学技術フォーラム
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
開催地名 鳥取
発表者・共同発表者 中川慶次郎, 小林博樹, 奥野淳也, 岩井将行, 瀬崎薫
概要 人間の立ち入りが困難な地域で生態系調査を行う手段として、小型センサーと通信機器を野生動物に装着させ、環境情報の取得や動物同士の接触により取得データを運搬する機構が提案されている。本稿では、機構の実現のために、動物同士が遭遇した際に動物間でデータ運搬を行う手法の提案を行う。具体的には、動物同士が接近した際に生じる生態行動を動物間通信の引き金とすることで、生態行動を利用したデータ運搬を実現する。これにより調査負荷の低減が実現する