イワイ マサユキ   IWAI Masayuki
  岩井 将行
   所属   東京電機大学  未来科学部 情報メディア学科
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報通信メディア工学専攻
   東京電機大学大学院  未来科学研究科 情報メディア学専攻
   職種   准教授
発表年月日 2012/05/17
発表テーマ 風力・太陽光発電を用いるWSNシミュレータによる長期運用評価
会議名 AN2012-11
学会区分 研究会・シンポジウム等
発表形式 ポスター
開催地名 愛知
発表者・共同発表者 汪 少哲・岩井将行・瀬崎 薫
概要 災害探知モニタリングなどによく使われるWSNの生存時間を伸ばすため,センサノードに風力・太陽光発電機能を追加する方法がある.但し,天候及び季節変動による太陽光日射量と風力の変動は発電量への影響が考えられる.本研究は過去実測した気象データを用いて,WSN全体に占める発電機能付きセンサノードの割合を調整しながら,WSNの生存時間及びパケット到達率を評価した.
pp.69-70