イケダ ユウスケ   IKEDA Yusuke
  池田 雄介
   所属   東京電機大学大学院  未来科学研究科 情報メディア学専攻
   職種   助教(A)
発表年月日 2019/03/05
発表テーマ 仮想スピーカを用いた局所音場合成における頭部反射の再現精度への影響
会議名 2019年日本音響学会春季研究発表会
主催者 日本音響学会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 東京都(調布)
発表者・共同発表者 津國和泉, 黒川翔瑠, 池田雄介
概要 近年,物理的に波面を合成する音場再現手法が多数研究されている。特に,局所音場合成手法として,再現領域をスピーカアレイの内部領域の一部に制限することで,高周波数の音場再現が試みられている。その一つとして,仮想スピーカを用いた手法 [1] では,焦点音源を用いて,頭部周辺に作成された仮想スピーカアレイの内部を再現領域とする。一般に実スピーカの駆動関数は,自由音場を仮定して導出される が,実際には再現領域内に聴取者の頭部が存在する。 従来研究では,頭部の反射の影響は,1kHz程度の低い周波数においては大きな影響がないとされているが,より高い周波数での影響はあまり明らかではな い。そこで本稿では,仮想スピーカを用いる 2.5 次元の局所音場合成において,高周波数の音場再現における頭部の反射の影響についてシミュレーションによっ て明らかにする。