イケダ ユウスケ   IKEDA Yusuke
  池田 雄介
   所属   東京電機大学大学院  未来科学研究科 情報メディア学専攻
   職種   助教(A)
発表年月日 2019/03/05
発表テーマ 仮想スピーカを用いた動的局所音場合成の基礎的検討
会議名 2019年日本音響学会春季研究発表会
主催者 日本音響学会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 東京(調布)
発表者・共同発表者 黒川翔瑠, 津國和泉, 池田雄介, 及川靖広
概要 高臨場感音響ディスプレイの実現を目的とした物理音場合成手法の研究が盛んに行われている. 一般に再現領域はスピーカアレイ内部全体であるが,Sporsらは再現領域をその一部に限定し再現精度を高める Local Sound Field Synthesis(Local SFS) を提案している. Local SFSでは,聴取者の移動に合わせて再現領域を移動させる必要がある. しかし再現領域の 移動に伴うスピーカ駆動関数の切り替えは,不連続 な音場を生じさせる可能性がある. 本稿は局所音場合成における合成領域の切り替えによる影響をシミュレーションによって明らかにする.