ドヒ シンイチ   DOHI Shinichi
  土肥 紳一
   所属   東京電機大学  システムデザイン工学部(2017年度新設) デザイン工学科(2017年度新設)
   東京電機大学大学院  情報環境学研究科 情報環境学専攻
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報通信メディア工学専攻
   東京電機大学  情報環境学部 情報環境学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2006/08
形態種別 ショートペーパー
標題 モチベーションに着目したプログラミング入門教育
執筆形態 共著
掲載誌名 情報教育シンポジウムSSS2006論文集
出版社・発行元 情報処理学会
巻・号・頁 Vol.2006(no.8),p97-p102頁
著者・共著者 土肥紳一,宮川治,今野紀子
概要 少子高齢化が進む中,18歳人口の減少によって,大学へ進学する学生は多様化するようになった.新聞紙上では学力低下を懸念する記事が目をひく.e-Learningを活用した復習用の教材を自作しこれを活用する例や,1年目の教育を特に見直し退学者数を減らす試み,歯科系の大学ではキャンパス内に寮を建設しカリキュラム全体の見直しを実施している大学等が紹介されている.これらの試みで共通していると考えられることは,学生のモチベーションをいかに喚起するかという点にある.本研究は,学生のモチベーションに着目したプログラミング入門教育を実施し,授業全体を一つのシステムとしてとらえ,毎回の授業の理解度を調査し,その結果を次の授業へフィードバックする等,モチベーションの向上を目的としたものである.1セメスターを前期,中期,後期に分割し,個々の時点における学生のモチベーションを客観的に測定することによって,それを低下させている要因分析が可能になった.教育効果の客観的な測定は難しいが,受講者のモチベーションに着目した評価尺度は,教授者や教授内容に依存しない客観的な指標としてその効果を示すことができる.