タカハシ ナオヤ   TAKAHASHI Naoya
  髙橋 直也
   所属   東京電機大学  工学部 機械工学科
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 機械システム工学専攻
   東京電機大学大学院  工学研究科 機械工学専攻
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/09
形態種別 会議論文
標題 矢の側面境界層の線形安定性解析
執筆形態 共著
掲載誌名 日本機械学会年次大会(2018年)講演論文集
掲載区分国内
出版社・発行元 一般社団法人 日本機械学会
巻・号・頁 J2340204頁
総ページ数 5
著者・共著者 長谷川 俊成, 芹野 厚志,宮嵜 武,高橋 直也,岩津 玲磨
概要 アーチェリー矢の初速はおよそ60 m /secであり,直径を代表長さとするレイノルズ数は2万程度となる.Miyazaki et al.(1) (2) は,JAXAにおけるMSBS風洞実験とJISSにおける飛翔実験によって,気流に平行な矢(迎角0°)の抗力係数と気流に対してわずかに傾いた矢(1°程度)の抗力係数が大きく異なることを示した.迎角を増加させると,矢側面の境界層流れが層流から乱流へと遷移するためである.本稿では,この乱流遷移現象を解明するために,境界層流れの線形安定性を平行流近似に基づいて解析する.