イワイ マサユキ   IWAI Masayuki
  岩井 将行
   所属   東京電機大学  未来科学部 情報メディア学科
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報通信メディア工学専攻
   東京電機大学大学院  未来科学研究科 情報メディア学専攻
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2019/01
形態種別 学術研究報告書
査読 査読有り
標題 無線小型センサノードとクラウド基盤による睡眠時の状態推定システム
執筆形態 共著
掲載区分国内
巻・号・頁 IEICE-118(№428),pp.19-pp.22頁
著者・共著者 ◎安達 廉・岩井将行(東京電機大)
概要 睡眠時無呼吸症候群の検知やベッドからの落下など睡眠時に起こる事故や疾病を未然に防ぐためにも睡眠時の状態監視は必要である. 従来では睡眠時の状態監視にはPSG装置が用いられてきたが, 近年では小型センサやウェアラブルデバイスによる状態監視アプリケーションが続々と登場し, より継続的かつ容易に監視が行うことが可能となっている. しかし, こういったアプリケーションは開発した企業ごとにデータの取得方法や睡眠状態の分析手法が異なる上, 使用している手法や精度に関する情報が秘匿化されているという問題がある. また, 小型センサを用いた睡眠状態推定手法は使用するセンサが限定されている他, 被験者の年齢層や身体的特徴に偏りがある中での研究が大部分を占めているため, 手法の再現や比較が困難である. そこで本研究では, 多様な小型センサを使用した睡眠分析手法を統合的に分析, 比較が行うことが可能なシステムについて検討し, システムの開発を行った.