ニシカワ タダシ   NISHIKAWA Tadashi
  西川 正
   所属   東京電機大学  工学部 電子システム工学科
   東京電機大学  工学部 電気電子工学科
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 電気電子システム工学専攻
   東京電機大学大学院  工学研究科 電気電子工学専攻
   職種   教授
研究期間 2012/04~2015/03
研究課題 CW半導体レーザーからのGHz繰返し10フェムト秒光パルス発生の研究
実施形態 科学研究費補助金
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 基盤研究(B)
科研費研究課題番号 24360143
代表分担区分 研究代表者
代表者 西川正
概要 モード同期(ML)レーザーはフェムト秒領域の短パルス化技術の進展に貢献し、時間分解計測による高速現象測定を可能にした。しかし、光共振器で構成される為にGHz 以上の高繰返し化や、繰返し周波数や中心波長の広範囲の連続可変性に関しては制約があった。本研究の目的はML レーザーの繰り返し周波数上限を打破し、ナノバイオやナノメカ等の研究分野で活用できる新しい光源を開発することである。その為に、小型で簡便なCW 半導体レーザー(LD)と光変調器を用いた方法により短パルス列を発生させ、、ML 方式の性能を凌駕する、繰返しがGHz 以上で10 fs の極短パルス幅を持ち、かつ繰返しと波長が同連続可変な光源技術を開拓する。