ホンマ アキヒコ   HOMMA Akihiko
  本間 章彦
   所属   東京電機大学  理工学部 理工学科 電子工学系(2018年度新設)
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 先端技術創成専攻
   東京電機大学大学院  理工学研究科 電子・機械工学専攻
   職種   教授
研究期間 2006/04~2009/03
研究課題 緊急使用および長期使用が可能な抗凝固療法不要の次世代型PCPS 装置の実用化開発
実施形態 科学研究費補助金
研究委託元等の名称 独立行政法人日本学術振興会
研究種目名 基盤研究(A)
科研費研究課題番号 18209054
キーワード 人工臓器 / 補助循環 / 経皮的心肺補助 / PCPS / ECMO / ヘパリンコーティング / 抗血栓性 / 血症漏出 / 抗凝固療法 / ガス交換 / 血漿漏出
代表分担区分 研究分担者
代表者 巽英介
概要 本研究では、容易かつ迅速に適用可能で長期間安全に使用できる次世代型PCPS 装置の開発を行った。当グループ開発の高耐久性人工肺PlatinumCube-NCVCを用いて、小型のカートに集積化・搭載したPCPSシステムを構築した。回路の全血液接触面には、新規開発の抗血栓性ヘパリン化表面処理T-NCVCコーティングを施した。本システムは、抗凝固療法非施行下の慢性動物実験で最長3 ヶ月間の連続使用を達成し、また臨床の出血合併例などでヘパリンフリーでの心肺補助として用いられ、優れた成績を収めつつある。