ホンマ アキヒコ   HOMMA Akihiko
  本間 章彦
   所属   東京電機大学  理工学部 理工学科 電子工学系(2018年度新設)
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 先端技術創成専攻
   東京電機大学大学院  理工学研究科 電子・機械工学専攻
   職種   教授
研究期間 2012/04~2015/03
研究課題 体内埋め込み型治療機器による生体内電磁界曝露に関する定量的評価手法の確立
実施形態 科学研究費補助金
研究委託元等の名称 独立行政法人日本学術振興会
研究種目名 挑戦的萌芽研究
科研費研究課題番号 24650270
キーワード 電磁気学 / 生体組織 / 埋込型治療機器 / 人工心臓 / 電磁界 / 生体 / 医療機器 / 人工臓器 / 電磁場 / 電磁界曝露 / ホールIC / 電気的等価回路 / 電磁界強度 / 電磁界分布シミュレーション
代表分担区分 連携研究者
代表者 築谷朋典
概要 本研究では、人工心臓など体内埋め込み型治療機器が長期間にわたって人体に埋め込まれた場合における、「生体内電磁界被曝に関する定量的評価手法の確立」を目的として、体内埋め込み型治療機器が発生する電磁界が生体に与える影響について、生体組織のモデル化,電磁界測定及び分布シミュレーションとその定量的評価に関する検討を実施した.電磁界エネルギの組織への吸収・反射による成分につき動物実験でのデータから予測した.また,電磁界分布については計測に必要となるセンサのスペック,その配置方法を検討した.定量的評価法については動物実験におけるデータから体内植込み型機器の影響について検討した.