(最終更新日:2021-04-05 13:21:03)
  タナカ マサコ   TANAKA Masako
  田中 雅子
   所属   東京電機大学  システムデザイン工学部 英語系列(システムデザイン工学部)
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
neuroscience、認知神経科学, 社会心理学, 認知科学、社会情報学 (キーワード:fMRI、社会脳神経基盤研究、グループダイナミックス、分極化、集団意思決定, 学習による脳の可塑性) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  An fMRI study on Languages: Semantic and Syntactic Process in L1 and L2 Reading NeuroImage 16th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping,Proceedings  (単著) 2010/06
2. 論文  情報工学系学部における発信型英語・素養教育の授業実践 日本教育工学会第29回全国大会r論文誌  (単著) 2013/09
3. その他 臨界期以降日本人学習者の英語子音発音弁別能力における可塑性-   (共著) 2013/06
4. 論文  活字文化の衰退ー新聞の衰退とSocial Mediaによる情報発信   (単著) 2012/09
5. 論文  Social Mediaによる情報発信・情報共有と世論形成   (単著) 2011/09
全件表示(34件)
■ 所属学会
1. 2012/11~ 日本神経科学学会 Link
2. 2008/06~ The Organization for Human Brain Mapping(OHBM) Link
3. 2009/09~ 社会情報学会(SSI)
4. 2004/04~ 日本生体磁気学会
5. 2007/06~ 日本ヒト脳機能マッピング学会
全件表示(7件)
■ 職歴
1. 2001/04~2017/03 東京電機大学 情報環境学部 情報環境学科 准教授
2. 2017/04~ 東京電機大学 システムデザイン工学部 英語系列(システムデザイン工学部) 准教授
■ 学歴
1. 1992/09~1995/02 コロンビア大学、教育学部大学院 言語、文学、社会学教育研究科 TESOL 修了 教育学修士
2. 2013/04~2021/03 東北大学大学院 医学系研究科 医科学専攻(医学履修課程) 博士課程単位取得満期退学
■ 学会発表
1. 2020/05/04 Opinion Changes on Debatable Arguments Involve Executive Process, but Opinion Amplification does not(CNS 2020 _Cognitive Neuroscience Society _Virtual conference)
2. 2013/06/08 臨界期以降日本人学習者の英語子音発音弁別能力における可塑性-An fMRI Study on Plasticity of Perception:Discrimination of English phonemes by Post-Critical Period Japanese Learners of English(第28回日本生体磁気学会(新潟市))
3. 2013/09/21 情報工学系学部における発信型英語・素養教育の授業実践ーActive Learning in English and Humanity classes for Information Engineering Major College Students(日本教育工学会第29回全国大会(秋田大学))
4. 2012/09/15 活字文化の衰退ー新聞の衰退とSocial Mediaによる情報発信ー(日本教育工学会第28回全国大会)
5. 2011/09/11 Social Mediaによる情報発信・情報共有と世論形成(日本社会情報学会(JASI &JSIS)2011年度合同研究大会)
全件表示(19件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2007/04~2010/03  『情報環境と人間との間の神経生理学的および行動学的関係の統合的研究』プロジェクト その他の補助金・助成金 
■ 担当経験のある科目
1. 社会情報メディア論(東京電機大学)
■ 研究紹介
主にfMRI計測を用いて、1)他者意見の影響による意見極化、集団意思決定、in-group majority effects が個人の行動に及ぼす影響などの,グループダイナミックス研究、2)臨界期以降の第二言語習得における学習による脳の可塑性と意識に関する研究を行っている。


グループダイナミックス、意思決定、脳の可塑性