(最終更新日:2020-07-01 13:44:59)
  ワタリ ヒサキ   WATARI Hisaki
  渡利 久規
   所属   東京電機大学  理工学部 理工学科 機械工学系(2018年度新設)
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 機械システム工学専攻
   東京電機大学  理工学部 理工学科 電子・機械工学系
   東京電機大学大学院  理工学研究科 電子・機械工学専攻
   職種   教授
■ 提供可能な資源
150型横型双ロールキャスター,100型急冷双ロールキャスター, 横型連続鋳造機,30型冷間ロール成形機,45型冷間ロール成形機,T型プラネタリーローラーレデューサー,圧延機
■ ホームページ
   http://www.rm.dendai.ac.jp/watarilab/index.html
■ 現在の専門分野
鋳造,各種製造プロセス,塑性加工, 成形加工,工作機械 (キーワード:鋳造工学,塑性加工,成形加工,工作機械) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  Investigation of Burr on Strips Cast by Vertical-Type High-Speed Twin Roll Caster (共著) 2020/02
2. 論文  Casting of Bar Using a Twin Wheel Caster (共著) 2020/02
3. 論文  Estimation of Cold Roll Forming Characteristics of Wrought Magnesium Alloy with Tension-Compression Asymmetry (共著) 2019/11
4. 論文  Casting of High Aluminum Content AM Series Magnesium Alloys by Using a Horizontal Twin Roll Caster (共著) 2019/11
5. 論文  Effect of Cr and Si Contents on the Magnetic and Mechanical Properties of Fe-Cr-Si Alloys by MIM Process (共著) 2019/11
全件表示(132件)
■ 受賞学術賞
1. 2015/02 東京電機大学 研究・産官学連携貢献賞
2. 2007/05 日本塑性加工学会 教育賞
3. 2006/06 Fellows of the World Academy of Materials and Manufacturing Engineering
■ 所属学会
1. 日本塑性加工学会
2. 軽金属学会
3. アルミニウム鍛造技術会
■ 学会発表
1. 2019/11/20 Springback estimation in cold roll froming of wrought magnesium alloy(Asia Pacific Measurement Forum on Mechanical Quantities 2019)
2. 2019/10/18 Future Possibilities of Hot Forging of Magnesium Alloys(2nd Global Forging Summit China 2019)
3. 2019/09/07 Cold Roll Forming of Wrought Magnesium Alloys with Tension-Compression Asymetry(8th International Conference on Engineering and Innovative Materials (ICEIM2019))
4. 2019/08/24 Estimation of Cold Roll Forming Chracteristics of Wrought Magnesium Alloy with Tension-compression Asymetry(The 4th International Conference on Material Engineering and Application (4th ICMEA 2019))
5. 2019/08/24 Effect of Cr and Si Contents on the Magnetic and Mechanical Properties of Fe-Cr-Si Alloys by MIM Process(The 4th International Conference on Material Engineering and Application (4th ICMEA 2019))
全件表示(25件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~  革新的軽量マグネシウム合金クラッド材料の創製および熱間鍛造性 基盤研究(C) (キーワード:急冷凝固、双ロールキャスティング、熱間鍛造、接合、マグネシウム合金)
2. 2015/04~2017/03  急冷凝固法による高強度マグネシウム合金材料の創製と熱間鍛造性 基盤研究(C) 
3. 2011/04~2014/03  タンデム双ロール法による革新的軽量クラッド材料の開発 基盤研究'(C) (キーワード:双ロール法,クラッド材,直接接合,急冷凝固,軽量化)
4. 2007/04~2009/03  双ロール法による自動車用Mg-Alクラッド材の高速成形および温間プレス加工性 基盤研究(C) (キーワード:マグネシウム合金,ロールキャスティング,クラッド材,直接接合,温間プレス成形)
5. 2003/04~2006/03  電磁振動力と溶湯異周速圧延の複合効果による微細化マグネシウム合金板材の高速製造法 基盤研究(B) (キーワード:マグネシウム合金,ロールキャスティング,半溶融,凝固,プレス成形)
全件表示(7件)
■ 講師・講演
1. 2019/10 Future Possibilities of Hot Forging of Magnesium Alloys(上海)
2. 2019/09 Cold Roll Forming of Wrought Magnesium Alloy with Tension-Compression Asymmetry(東京)
3. 2018/09 Future Possibilities of Magnesium Alloys in Transportation Industries(北九州)
4. 2012/05 環境にやさしい軽量化技術におけるマグネシウム合金の役割(大連)
5. 2009/11 サーボプレスによるマグネシウム合金の成形性評価(中国浙江省)
■ 委員会・協会等
1. 2014/04/01~2020/03/31 アルミニウム鍛造技術会 会長(理事)
2. 2018/04/01~2020/03/31 一般社団法人 日本塑性加工学会 北関東信越支部支部長
■ 研究紹介
CO2の排出量を削減する社会を実現するために、自動車や産業機械分野ではさらなる軽量化 技術が必要とされています。そこで、軽量であるマグネシウム(Mg)合金やアルミニウム(Al)合金、または、軽金属と樹脂の接合によるクラッド材のような、軽くて低価格な材料の創成およびそれらの成形加工について研究をしてきました。
  塑性加工では、冷間ロール成形やプレス加工、またマグネシウム合金の熱間鍛造について、急冷凝固を利用した鋳造では、マグネシウム合金や、Mg/Alのクラッド材料や各種材料の製造とそれらの成形プロセスについて研究を行っています。
 研究を進める際には、常に製造の現場を意識しながら、学生と一緒に実験と解析の両面から、ものつくりの現場に役立つ技術の開発をめざしています。