(最終更新日:2019-04-23 18:51:56)
  サイトウ ヒロユキ   SAITO Hiroyuki
  齋藤 博之
   所属   東京電機大学  工学部 機械工学科
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 機械システム工学専攻
   東京電機大学大学院  工学研究科 機械工学専攻
   職種   教授
■ 現在の専門分野
機械材料・材料力学, 界面工学, ナノ材料工学 (キーワード:環境材料学, 腐食防食学, 酸化皮膜, 応力腐食割れ) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  Analysis of corrosion mechanisms of carbon steel in contact with FEBEX bentonite (共著) 2019/01 Link
2. 論文  エンジンルームに搭載される筐体構造電子機器のS8ガスによる硫黄腐食促進方法の提案 (共著) 2018/12
3. 論文  エンジンルーム環境のS8ガス分析手法の提案 (共著) 2018/11
4. 論文  車載電子機器のシリコーン封止剤への金属粉配合による腐食性信頼向上 (共著) 2018/10
5. 論文  Electrochemical Measurement to Examine Influence of Ions, DO and pH on Corrosion of Early-Generation Conduits (共著) 2018/07 Link
全件表示(54件)
■ 受賞学術賞
1. 2014/05 腐食防食学会技術賞 Link
2. 2015/04 日本材料試験技術協会賞 Link
■ 取得特許
1. 2013/03/15 試料強度試験装置及び試料強度試験方法(特許第5219155号)
2. 2013/05/24 コンクリート構造体(特許第5275787号)
3. 2013/07/05 水素透過試験システム(特許第5305170号)
4. 2013/09/13 水素透過測定装置(特許第5363516号)
5. 2013/10/11 腐食位置の特定方法およびシステム(特許第5385319号)
全件表示(16件)
■ 職歴
1. 1989/04~2014/03 日本電信電話株式会社 (研究所,開発・技術協力部門,知財部門,NTT東日本等) 主任研究員等
2. 2012/04~2014/03 金沢大学大学院 自然科学研究科 客員准教授 Link
3. 2013/04~2014/03 東京電機大学 工学部 機械工学科 講師(非常勤)
■ 学歴
1. 1999/03/04
(学位取得)
早稲田大学 博士(工学) Link
■ 学会発表
1. 2018/04/15 Measurement of Tin Oxide Thickness with Sequential Electrochemical Reduction Analysis(22nd Topical Meeting of the International Electrochemical Society) Link
2. 2018/05/23 エンジンルーム環境のS8ガス分析手法(材料と環境2018)
3. 2018/05/29 Influence of surface to hydrogen entry into steel(3rd International Conference of Steel and Hydrogen - Steely Hydrogen 2018)
4. 2018/07/22 Scanning Electrochemical Microscopy Analysis of Galvanic Corrosion of Aluminium-Tangsten Composites in Sodium Chloride Solution(Electrochemical Methods in Corrosion Research 2018)
5. 2018/07/29 QCM Analysis of Oxidation Mechanism of Plated Tin(11th Asian-Australasian Conference on Composite Materials - ACCM11)
全件表示(19件)
■ 委員会・協会等
1. 2009/04/01~2016/03/31 (公社)腐食防食学会[前身含む] 学会誌編集委員
2. 2013/04/01~ 日本材料試験技術協会 常任理事・編集委員
3. 2014/04/01~ 日本材料技術協会実用試験研究部会 部会長 Link
4. 2014/04/20~2017/03/31 戦略的基盤技術高度化支援事業研究開発推進委員会 委員・サブリーダー Link
5. 2014/07/01~ 日本学術振興会180委員会 委員
全件表示(8件)
■ 担当経験のある科目
1. 環境材料学特論(東京電機大学大学院)
2. 先端材料(東京電機大学)
3. 材料力学Ⅰおよび演習(東京電機大学)
4. 材料力学Ⅱ(東京電機大学)
5. 機械系入門(東京電機大学)
全件表示(26件)
■ 研究紹介
機械材料,特に金属材料とその酸化や腐食を中心として研究を行っています.

例えば,
(1)輸送機械(自動車,船舶),化学機械,各種産業用機械,通信設備,社会インフラ等々に用いられる材料の腐食・疲労・破壊の防止

(2)構造物や電気電子機器の材料表面に関する課題(はんだの濡れ性に及ぼす酸化膜の影響,材料への水や雪氷の付着を含む)

(3)大気中や海洋で用いられる合金の開発とその防食技術及び腐食科学

(4)材料力学・金属材料学・電気化学が重畳した応力腐食割れ(活性経路割れや水素脆化を含む)の解明

などを対象にしています.

信頼性工学・故障物理学によるアプローチも試みています.

キーワード: 機械材料,材料力学,腐食,機械冶金