(最終更新日:2019-05-08 17:28:50)
  ハラ カズヒロ   HARA Kazuhiro
  原 和裕
   所属   東京電機大学  工学部 電気電子工学科
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 電気電子システム工学専攻
   東京電機大学大学院  工学研究科 電気電子工学専攻
   職種   教授
■ ホームページ
   http://www.e.dendai.ac.jp/~haraken/
■ 著書・論文歴
1. 論文  Pt 触媒を用いたWO3 系多層薄膜NH3 ガスセンサの研究 (共著) 2018/10
2. 論文  対面形吸着層を用いた半導体式薄膜ガスセンサの研究 (共著) 2018/08
3. 論文  Nitric Oxide Gas Sensors Using Multilayered Thin Film with Interspaces (共著) 2018/06
4. 論文  Development of Thin Shear Force Sensor Aimed at Improving QOL for Persons with Disabilities (共著) 2018/12
5. 論文  MEMS-Based Conductometric Sensors for Organic Airborne Particles (共著) 2018/07
全件表示(40件)
■ 取得特許
1. 2016/03/11 検出装置の製造方法(特許第5897362号)
■ 学会発表
1. 2018/11/01 花粉を検出するZnO薄膜センサの研究(第35回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム)
2. 2018/11/01 高電界を利用した半導体ガスセンサの研究(第35回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム)
3. 2018/11/01 対面型触媒を用いた集積型VOCセンサの研究(第35回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム)
4. 2018/10/30 ハイブリッド型3軸荷重センサの開発(第35回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム)
5. 2018/03/14 常温動作可能なH2ガスセンサ(平成30年電気学会全国大会)
全件表示(55件)
■ 社会における活動
1. 2016/06~ (社)電気学会(水センシングに関わる調査専門委員会委員)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1977/04~  環境計測用センサの開発 個人研究 (キーワード:環境計測、センサ)
2. 2016/04~2019/03  有機系浮遊物質用リアルタイム計測システムの開発 基盤研究(C)(一般) (キーワード:計測機器)
■ 講師・講演
1. 2018/03 半導体薄膜を用いた有機系浮遊微粒子およびガス、においセンサの研究(東京都葛飾区)
■ 委員会・協会等
1. 2016/06/01~ 電気学会 水センシングに関わる調査専門委員会委員
2. 2016/04/01~ 湿度、水分計測・センサ研究会 会長
3. 2006/01/01~ 電気化学会 化学センサ研究会 役員
4. 2013/05/01~2016/04/30 電気学会 環境・福祉分野におけるスマートセンシング調査専門委員会委員
5. 2009/07/01~2012/06/30 電気学会 食の安全・安心と健康に関わるセンシング調査専門委員会委員
全件表示(10件)
■ 研究紹介
空気中の目に見えない危険な成分(ガス、におい、浮遊粒子状物質等)をリアルタイムで計測する小型・軽量・安価なセンサの開発を行っています。検知対象としては、空気中に漏れると発火・爆発の危険がある水素やメタン等のガス、低濃度でも人体に有害な一酸化炭素、窒素酸化物等のガス、悪臭の原因となるアンモニア、イソ吉草酸等のガス、シックハウス症候群の原因となるトルエン、キシレン等の揮発性有機化合物、人の呼気に含まれ、疾病との関連があるとされるアセトン、一酸化窒素等のガス、アレルギーや肺の病気の原因となる花粉、カビの胞子、PM2.5等があります。センサは検知対象に応じて、半導体の電気抵抗の変化を検出する方式、触媒上での接触燃焼に伴う温度上昇を検出する方式、吸着剤への吸着に伴う質量変化を水晶振動子により検出する方式等を採用しています。
キーワード:環境計測用センサ、ガスセンサ、においセンサ