(最終更新日:2018-04-28 11:27:59)
  カワカツ マサキ   KAWAKATSU Masaki
  川勝 真喜
   所属   東京電機大学  システムデザイン工学部(2017年度新設) 情報システム工学科(2017年度新設)
   東京電機大学大学院  情報環境学研究科 情報環境学専攻
   東京電機大学  情報環境学部 情報環境学科
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 先端技術創成専攻
   職種   准教授
■ 共同研究希望テーマ
1. 生体信号の応用に関する研究
■ 現在の専門分野
認知科学, 医用生体工学・生体材料学 (キーワード:生体信号、信号処理) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  Perceptual Temporal Asymmetry Associated with Distinct ON and OFF Responses to Time-Varying Sounds with Rising versus Falling Intensity: A Magnetoencephalography Study (共著) 2016/06
2. 論文  Detection of a Mismatch Field in Evoked Magnetoencephalographic Responses of Individual Subjects by Multivariate Analysis (共著) 2015/07
3. 論文  An adaboost-based weighting method for localizing human brain magnetic activity (共著) 2012/12
4. その他 空間におけるゆらぎのある高周波音の効果 ―「人にやさしい空間」の研究― (共著) 2013/04
■ 受賞学術賞
1. 2002 東京電機大学学術振興基金教育奨励賞
2. 2002 第17回日本生体磁気学会大会研究奨励賞
3. 2003/09 日本工学教育協会 協会賞(業績賞)
■ 学歴
1. 1994/04~1997/03 東京電機大学 工学研究科 電子工学専攻 博士課程修了 博士(工学)
■ 学会発表
1. 2001/05 fMRIの事前情報を用いたMEGのL1ノルム推定(日本生体磁気学会誌 特別号)
2. 2001/05 α波脳磁界の三次元ベクトル計測(日本エム・イー学会大会集 2001)
3. 2001/05 三次元ベクトル磁束計に基づくα波脳磁界の計測(日本生体磁気学会大会論文集)
4. 2001/05 三次元心磁図計測によるWPW患者の刺激伝導路の解析(日本生体磁気学会大会論文集)
5. 2001/05 推定モデルの違いによるMUSIC法の信号限推定結果の比較と検討(日本生体磁気学会誌 特別号)
全件表示(101件)
■ 学内役職・委員
1. 2015/04/01~ 学校法人東京電機大学 入試センター副センター長
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2020/03  高周波非可聴音を含む音楽が認知症高齢者への受動的音楽療法に及ぼす影響の実地研究 基盤研究(C) 
■ 研究紹介
脳波や心電図といった生体からの信号を計測し処理することでヒトの状態を調べます。それを応用して意識には上らない様な人間の変化もわかることがあります。例えば、ハイレゾ音源に含まれる人に聞こえない成分があるかないかで脳波が変わって来ることがわかりました。また、生体からの信号には雑音も多く含まれることが多いため、信号処理や機械学習などを使って埋もれている信号を見出す研究も行っています。脳波を使ったコンピュータへの入力を目指す、ブレインコンピュータインターフェースの研究もその一つです。
生体計測、信号処理、機械学習