(最終更新日:2020-09-07 18:16:51)
  ササタニ マサミチ   SASATANI Masamichi
  笹谷 真通
   所属   東京電機大学  未来科学部 建築学科
   東京電機大学大学院  未来科学研究科 建築学専攻
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 建築・建設環境工学専攻
   職種   准教授
■ 著書・論文歴
1. 著書  構造最適化の最近の発展と設計への応用事例 【応用力学シリーズ14】 (共著) 2020/05
2. 著書  木材・木質材料と木造建築技術 (共著) 2017/11
3. 著書  鋼・木ハイブリッド構造の設計施工技術資料  2012
4. 著書  新しい建築空間―ハイブリッド構造の新展開― 新ハイブリッド構造建築の事例分析と設計課題に関する小委員会・報告書  2009
5. 論文  薄鋼板を用いた木質床パネルの曲げ性能に関する実験的研究 (共著) 2020/03
全件表示(75件)
■ 受賞学術賞
1. 2020/03 日本建築学会作品選集2020(びんご府中、構造設計担当)
2. 2020/01 第32回福岡県美しいまちづくり建築賞大賞(一般建築の部、福岡弁護士会館、構造設計担当)
3. 2019/10 グッドデザイン賞2019(えそらガーデン、構造設計担当)
4. 2019/01 日本建築学会作品選集2019(港南区庁舎、構造設計担当)
5. 2018/12 JIA中国建築大賞2018(びんご府中、構造設計担当)
全件表示(13件)
■ 取得特許
1. 2017/01/31 建築用パネル(特願2017-15415)
2. 構造特性係数曲線の導出方法及びこの構造特性係数曲線を用いた構造特性係数決定方法(特許第5615337号)
■ 所属学会
1. 1991~ 一般社団法人 日本建築学会
2. 2017~ 公益社団法人 日本コンクリート工学会
■ 学歴
1. 1993/04~1995/03 東京電機大学大学院 工学系研究科 建築学専攻 修士課程修了 博士(工学)
■ 学会発表
1. 2020/04/18 薄鋼板を用いた木質床パネルの曲げ性能に関する実験的研究(日本建築学会 構造工学シンポジウム)
2. 2020/09 キャップ材を用いた鉄筋トラス付きデッキ型枠の吊材脚部の接着工法に関する実験的研究(日本建築学会大会(関東))
3. 2020/09 キャップ材を用いた鉄筋トラス付きデッキ型枠の端部筋の接着工法に関する実験的研究(日本建築学会大会(関東))
4. 2020/09 サーモグラフィー法による構造スリット非破壊検査に関する基礎実験(日本建築学会大会(関東))
5. 2020/09 損傷を受けたRC造柱部材の乾式吹付け工法による修復に関する実験的研究 その1 実験方法概要(日本建築学会大会(関東))
全件表示(61件)
■ 社会における活動
1. 2019/12~2019/12 出張講義:聖学院女子中高
2. 2019/10~2019/10 出張講義:東洋女子高
3. 2019/06~2019/06 講演会:千葉工業大学
4. 2018/11~2018/11 講演会:AIJ中国支部
5. 2018/07~2018/07 出張講義:豊島岡女子中高
全件表示(7件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~  知育ブロックトイの構造性能に関する基礎研究 その他の補助金・助成金 
2. 2019/10~  ガラスブロックを用いた建築外装の衝撃荷重に対する性能実験 企業からの受託研究 
3. 2017/04~  SSG構法の支持辺としての信頼性に関する基礎研究 企業からの受託研究 
4. 2017/04~  大板ガラスの辺長比に関する基礎研究 企業からの受託研究 
5. 2018/12~  ガラス手すりの実験的研究 企業からの受託研究 
全件表示(13件)
■ 委員会・協会等
1. 2020/04/01~ 一般財団法人 日本建築学会 構造最適化と協創小委員会(応用力学運営委員会)
2. 2016/04/01~2020/03/31 一般財団法人 日本建築学会 構造最適化と設計小委員会(応用力学運営委員会)
3. 2017/04/01~2019/03/31 一般財団法人 日本建築学会 作品選奨選考委員会
4. 2014/04/01~2017/09/30 一般社団法人日本構造技術者協会構造デザイン発表会WG
5. 2007/04/01~2016/03/31 AW検定協議会
全件表示(7件)
■ 研究紹介
建築構造は近年の社会的なニーズから、構造設計の多様化が求められ、その一つの可能性として、鋼材・コンクリート・木材・その他異なる素材を組み合わせたハイブリッド構造が注目されています。
当研究室では構造解析や実験を通して、建築ハイブリッド構造の力学的性状および構造設計手法に関する研究を行います。