(最終更新日:2018-04-21 19:50:27)
  ササタニ マサミチ   SASATANI Masamichi
  笹谷 真通
   所属   東京電機大学  未来科学部 建築学科
   東京電機大学大学院  未来科学研究科 建築学専攻
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 建築・建設環境工学専攻
   職種   准教授
■ 著書・論文歴
1. 著書  新世代木材・木質材料と木造建築技術 (共著) 2017/12
2. 著書  鋼・木ハイブリッド構造の設計施工技術資料  2012
3. 著書  Arup Japan-建築のトータル・ソリューションをめざして-  2009/04
4. 著書  新しい建築空間―ハイブリッド構造の新展開― 新ハイブリッド構造建築の事例分析と設計課題に関する小委員会・報告書  2009
5. 論文  木材と鋼材を込み合わせたハイブリッド床パネルの開発研究(その1 木鋼ハイブリッド床パネル工法の概要) (共著) 2018/08
全件表示(43件)
■ 受賞学術賞
1. 2013/06 日本建築学会東北建築賞(白河市図書館)
2. 2017/04 JIA建築環境賞優秀賞
3. 2017/04 日本建築学会作品選集2017(明円寺納骨堂)
4. 2018/04 環境設備デザイン賞 建築設備統合デザイン部門 最優秀賞
■ 取得特許
1. 2017/01/31 建築用パネル(特願2017-15415)
2. 構造特性係数曲線の導出方法及びこの構造特性係数曲線を用いた構造特性係数決定方法(特許第5615337号)
■ 所属学会
1. 1991~ 一般社団法人 日本建築学会
2. 2017~ 公益社団法人 日本コンクリート工学会
■ 学歴
1. 1993/04~1995/03 東京電機大学 工学系研究科 建築学専攻 修士課程修了 博士(工学)
■ 学会発表
1. 2015/09/04 スタックラミナパネルを用いた木・鋼ハイブリット耐震壁の実験的研究 ―その5 各種耐力および初期剛性の評価―(日本建築学会大会(関東))
2. 2016/04/24 鋼板挿入型ボルト接合部を用いた木質ドーム型構造の力学性能に関する研究(その2)ドーム型構造の構造特性係数の推定方法の提案(日本建築学会構造工学シンポジウム)
3. 2016/04/24 鋼板挿入型ボルト接合部を用いた木質ドーム型構造の力学性能に関する研究(その1)鋼板挿入型ボルト接合部実験およびトラス壁実験(日本建築学会構造工学シンポジウム)
4. 2016/08/24 木‐鋼板ガセットとの接合部の力学的性状に関する実験的研究(その9 ドーム型構造の部材の特性値と層の構造特性係数との関係および保有水平耐力)(日本建築学会学術講演梗概集2016(構造Ⅲ))
5. 2016/09/15 みんなの森ぎふメディアコスモスの構造設計(日本接着学会木質接着研究会)
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2018/03  RC柱の損傷後の修復方法に関する実験的研究 個人研究 
2. 2017/04  SSG構法の支持辺としての信頼性に関する基礎研究 企業からの受託研究 
3. 2017/04~  大板ガラスの辺長比に関する基礎研究 企業からの受託研究 
4. 2017/04~  接着剤を用いた鋼製デッキの施工性向上に関する基礎研究 企業からの受託研究 
5. 2017/04~  木鋼ハイブリッド床システムの曲げ性能に関する研究 企業からの受託研究 
全件表示(6件)
■ 委員会・協会等
1. 1997/04/01~ 一般財団法人 日本建築構造技術者協会
2. 2006/04~2012/03/31 一般財団法人 日本鋼構造協会 鋼-木系ハイブリッド小小委員会
3. 2007/04/01~2016/03/31 AW検定協議会
4. 2016/04/01~ 一般財団法人 日本建築学会 応用力学運営委員会 構造最適化と設計小委員会
5. 2017/04/01~ 日本建築学会作品選奨選考委員会
■ 研究紹介
建築構造は近年の社会的なニーズから、構造設計の多様化が求められ、その一つの可能性として、鋼材・コンクリート・木材・その他異なる素材を組み合わせたハイブリッド構造が注目されています。
当研究室では構造解析や実験を通して、建築ハイブリッド構造の力学的性状および構造設計手法に関する研究を行います。