(最終更新日:2021-02-25 17:36:24)
  ホソダ マイコ   HOSODA Maiko
  細田 真妃子
   所属   東京電機大学  理工学部 理工学科 理学系
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 数理学専攻
   東京電機大学大学院  理工学研究科 理学専攻
   職種   准教授
■ ホームページ
   https://www.cse.dendai.ac.jp/5_divisions/ru/course/phys/~hosoda/index.html
■ 現在の専門分野
応用物理一般 (キーワード:粘性) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  Continuous in-line measurement of viscosity using self-balancing electro-magnetically spinning technique Japanese Journal of Applied Physics 59,SKKA09-1-SKKA09-4頁 (共著) 2020/04
2. 論文  Remote measurement of viscoelasticity by electro-magnetically spinning system Japanese Journal of Applied Physics 58(SG),pp.SGGA01-1-SGGA01-4 (共著) 2019/06
3. 論文  In-Line measurement of visco-elasticity by EMS system Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics 39,pp.2P1-7 (共著) 2018
4. 論文  Measurement of two-dimensional viscoelasticity by EMS method Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics 37,pp.1P1-4 (共著) 2016
5. 論文  Measurement of viscoelasticity of condensed molecular layer on water surface by EMS system Proceedings of Symposium on Ultrasonic Electronics 36,pp.1P1-4 (共著) 2015
全件表示(30件)
■ 受賞学術賞
1. 2017/09 公益財団法人日本分析化学会 先端分析技術賞JAIMA機器開発賞
2. 2012/02 2011年度日本レオロジー学会技術賞
3. 2011/10 第59回レオロジー討論会優秀ポスター発表賞
4. 2004/11 USE奨励賞
■ 所属学会
1. 応用物理学会
2. 2007/09~ 日本レオロジー学会
3. 2012/04~ ∟ ナノレオ研究会幹事
■ 学会発表
1. 2020/11 Extension of remote distance of Electro-Magnetically Spinning viscometer(The 41st Symposium on UltraSonic Electronics)
2. 2019/11 Continuous in-line measurement of viscosity by self-balancing EMS technique(The 40th Symposium on UltraSonic Electronics)
3. 2018/11 In-line measurement of visco-elasticity by EMS system(The 39th Symposium on UltraSonic Electronics)
4. 2016/11 Measurement of two-dimensional viscoelasticity by EMS method(The 37th Symposium on UltraSonic Electronics)
5. 2015/11 Measurement of viscoelasticity of condensed molecular layer on water surface by EMS system(The 36th Symposium on Ultrasonic Electronics)
全件表示(35件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~  電磁スピニング粘性測定システムによる超臨界流体のレオロジー計測法開発 基盤研究(C) 
2. 2015/04~2019/03  EMSシステムを用いた液体表・界面の2次元粘弾性スペクトロスコピ-法の開発 基盤研究(C) 
3. 2012/04~2016/03  ディスクEMSシステムによる低粘性スペクトロスコピー法の開発 基盤研究(C) 
4. 2010/04~2012/03  電磁スピニングシステムを用いた超高粘性領域の迅速測定法の開発 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2010/04~2012/03  電磁スピニングシステムによる超高粘性領域の迅速・広帯域粘弾性スペクトル測定 若手B 
全件表示(12件)
■ 研究紹介
液体の性質を迅速に測定できる装置の開発を行っています。 表面張力や粘性といった物質固有の値は、温度や流れる速度、触れ合っている容器の材質などによって変化します。
今までも精確に測定できる測定装置はありましたが、液体の量がたくさん必要であったり、測定に時間がかかったりと不便な点がいくつかありました。 そこで、液体の量は耳かき一杯程度、測定時間は数秒で完了できる装置の開発をすすめています。
この装置が信頼できる値を測定できるようになると、血液やさまざまな生体物質の測定に応用でき、将来は病気の予防や早期発見などに有効な装置になりうると考えています。
キーワード:粘性、生体系材料、非接触測定