(最終更新日:2020-02-26 14:52:02)
  コソネ タカシ   KOSONE Takashi
  小曽根 崇
   所属   東京電機大学  理工学部 理工学科 理学系
   東京電機大学大学院  理工学研究科 理学専攻
   職種   助教(任期付)
■ 現在の専門分野
無機・錯体化学, 機能物性化学 (キーワード:配位高分子、ホストーゲスト化合物、結晶構造解析、スピンクロスオーバー、錯体化学、水素貯蔵材料) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  Systematic Designing of Crystal Structure for Hofmann-like Spin Crossover Complexes Fe(L)2[Ag(CN)2]2 (共著) 2019
2. 論文  The New Iron(II) Spin Crossover Complexes with Unique Supramolecular Networks Assembled by Hydrogen Bonding and Intermetallic Bonding (共著) 2018
3. 論文  Metal Doping Effects on the Spin Transition properties of the Two-Dimensional Coordination Polymer {FeIIxMII1-x(3-Fluoropyridine)2[AuI(CN)2]2} (M = Mn, Co) (共著) 2018
4. 論文  Modification of cooperativity and critical temperatures on a Hofmann-like template structure by modular substituent (共著) 2017
5. 論文  Crystal Structures and Phase Sequences of Metallocenium Salts with Fluorinated Anions: Effects of Molecular Size and Symmetry on Phase Transitions to Ionic Plastic Crystals (共著) 2016
全件表示(17件)
■ 取得特許
1. 多孔質ニッケル薄膜及びその製造方法(6319771)
■ 所属学会
1. 日本MRS
2. 日本化学会
3. 錯体化学会
■ 職歴
1. 2010/04~2014/03 国立研究開発法人理化学研究所 放射光科学総合研究センター 特別研究員
2. 2014/04~2016/03 国立研究開発法人産業技術総合研究所 福島再生可能エネルギー研究センター 特別研究員
3. 2016/04~2019/03 阿南工業高等専門学校 創造技術工学科 化学コース 助教
4. 2019/04~ 東京電機大学 理工学部 理工学科 理学系 助教(任期付)
5. 2019/09~ 東京電機大学大学院 理工学研究科 理学専攻 助教(任期付)
■ 学歴
1. 2007/04~2010/03 東邦大学 理学研究科 化学専攻 博士課程修了 博士(理学)
■ 学会発表
1. 2020/03/24 1次元配位高分子(固体)への配位子(液体)含浸による置換反応を利用したホフマン型2次元シート構造の設計的構築およびスピンクロスオーバー特性評価(日本化学会第100春季年会)
2. 2020/03/22 1次元配位高分子Fe(H2O)2[M(CN2)]2 を利用したホフマン型2次元シート構造Fe(L)2[M(CN)2]2の新奇合成法の検討と構造およびスピンクロスオーバー特性評価(日本化学会第100春季年会)
3. 2019/09 Spin Crossover Hofmann-like Complex Fe(3-cyano-4-methylpyridine)2[Ag(CN)2]2(International Congress on Pure & Applied Chemistry (ICAME) 2019)
4. 2018/11 ホフマン型構造を利用した 2 次元系、 3 次元系配位高分子の構造設計および特性評価(2018年日本化学会中国四国支部大会)
5. 2018/11 二重シート構造を持つ新規ホフマン型錯 体開発および配位子の熱安定性の検討(2018年日本化学会中国四国支部大会)
全件表示(28件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2021/03  スピンクロスオーバー相転移を利用した新奇オープンゲート機構を持つ「水素吸蔵配位高分子」開発 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2018/06~2019/03  テンプレート構造体構築による配位子変換手法の開発およびスピン相転移制御の検討 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2018/04~2021/03  テンプレート構造体構築によるスピンクロスオーバー化合物合成の新奇手法確立 1)平成30年度 (2018年度) 基盤研究(C)(一般) 
4. 2018/04~2019/03  構造相転移による「吸蔵・放出」を可能とする「新奇水素吸蔵配位高分子」開発 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2010/11~2011/05  高密度水素安定貯蔵のためのナノ細孔金属錯体の電子密度レベルでの構造設計 競争的資金等の外部資金による研究 
全件表示(6件)
■ 講師・講演
1. 2016/02 再生可能エネルギー利用に向けた水素貯蔵材料研究(福島)
2. 2017/10 高輝度放射光を利用した水素吸蔵配位高分子のゲスト分子構造の精密解析と吸着機能の検討(千葉)