イワツ レイマ   IWATSU Reima
  岩津 玲磨
   所属   東京電機大学  工学部 機械工学科
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 機械システム工学専攻
   東京電機大学大学院  工学研究科 機械工学専攻
   職種   教授
発表年月日 2009/10
発表テーマ 音響問題における差分法を用いたインパルス応答解析予測手法の検討
会議名 京都大学数理解析研究所研究集会
主催者 京都大学数理解析研究所
学会区分 研究会・シンポジウム等
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 京都
発表者・共同発表者 鶴 秀生 / 岩津 玲磨
概要 The impulse response measurement is often carried out to characterize the room acoustics or noise propagation. If the impulse response can be predicted by numerical calculation accurately, that can help us to consider acoustic designs. The finite difference method in time domain is often used inwave acoustic simulations. The accuracy of this method is improved by the a compact finite difference and the symplectic integration technique. The source term in the simulation is carefully investigated also. The frequency spectrum and the directivity is controlled by the pair point sources adjusting their phases and amplitudes.