ドヒ シンイチ   DOHI Shinichi
  土肥 紳一
   所属   東京電機大学  システムデザイン工学部(2017年度新設) デザイン工学科(2017年度新設)
   東京電機大学大学院  情報環境学研究科 情報環境学専攻
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報通信メディア工学専攻
   東京電機大学  情報環境学部 情報環境学科
   職種   教授
発表年月日 2003/11/20
発表テーマ 日本工学教育協会賞業績賞:ダイナミックシラバスの開発
会議名 日本工学教育協会
発表形式 その他
発表者・共同発表者 土肥紳一,中村尚五,川勝眞喜,島田尊正
概要 近年,大学入学時点における学生の目的意識が消失していることが良く聞かれる.東京電機大学情報環境学部では,学生の目的意識を向上することを目的に,入学直後に約2週間の導入教育を実施している.導入教育の中では,学生が卒業後の進路を自ら考え,その目標を達成するために必要な科目を自ら選択し,卒業までの時間割を作る.情報環境学部の教育制度は,学年の廃止,単位従量制の導入,事前履修条件やGPAの導入など,独創的な内容となっている.このような教育制度の導入によって,学生は将来の進路を達成するための自由度を得られるようになった.しかし,卒業までの時間割を作成するための作業は非常に複雑であり,人手で時間割を作成することは極めて困難である.ダイナミックシラバスは,情報環境学部の独創的な教育制度を満足しながら,卒業までの時間割を容易に作成することを目的に開発した履修支援システムである.ダイナミックシラバスを使って完成した卒業までの時間割は,各セメスターの最初に更新する機会を設け,将来の目標を軌道修正しながら時間割を柔軟に変更できるようになっている.
51
6
15-16