ドヒ シンイチ   DOHI Shinichi
  土肥 紳一
   所属   東京電機大学  システムデザイン工学部(2017年度新設) デザイン工学科(2017年度新設)
   東京電機大学大学院  情報環境学研究科 情報環境学専攻
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報通信メディア工学専攻
   東京電機大学  情報環境学部 情報環境学科
   職種   教授
発表年月日 2018/09/20
発表テーマ Processingによるオブジェクト指向プログラミング入門教育のモチベーションの分析
会議名 情報科学技術フォーラム(FIT2018)
主催者 情報処理学会,電子情報通信学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 福岡工業大学
発表者・共同発表者 土肥 紳一,今野 紀子
概要 SIEM(Systematical Information Education Method:ジーム)は,プログラミング入門教育を対象に受講者のモチベーションの向上を目指し,情報環境学部で開発した教授法である.千葉ニュータウンキャンパスの情報環境学部は2016年4月の入学者を最後に募集停止し,2017年4月から東京千住キャンパスにシステムデザイン工学部を開設した.この学部は,情報システム工学科(定員130名)とデザイン工学科(定員110名)の2学科である.デザイン工学科では,プログラミング言語にProcessingを採用した[1].オブジェクト指向プログラミングの入門を学習する科目名は,「コンピュータプログラミングⅡ」(以下「コンプロⅡ」と略)である.この科目を対象にSIEMを継続的に実践している.本論文では,「コンプロⅡ」の受講者のモチベーションの分析結果を,情報環境学部の「コンピュータプログラミングB」(以下「コンプロB」と略)と比較して述べる.
一般講演論文集第4分冊
p307-p308