ドヒ シンイチ   DOHI Shinichi
  土肥 紳一
   所属   東京電機大学  システムデザイン工学部(2017年度新設) デザイン工学科(2017年度新設)
   東京電機大学大学院  情報環境学研究科 情報環境学専攻
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報通信メディア工学専攻
   東京電機大学  情報環境学部 情報環境学科
   職種   教授
発表年月日 2010/08/28
発表テーマ モチベーション志向情報教育システム(SIEM)の継続的実践効果Ⅳ
会議名 日本教育心理学会,第52回総会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
開催地名 早稲田大学神楽坂キャンパス
発表者・共同発表者 土肥紳一,宮川 治,今野紀子
概要 プログラミング入門教育を対象にモチベーション志向情報教育システム(SIEM: School of Information Environment Method)を開発した.継続的にSIEM(ジーム)を実践し授業改善策をフィードバックした結果,受講者のモチベーションを高い状態に維持できるようになった.本論文では,プログラミング教育の要となる「コンピュータプログラミングA」「コンピュータプログラミングB」「オブジェクト指向設計」の3科目について,履修パターンと履修者数の変化を分析し,SIEMの実践効果との関係について述べる.
p620