ドヒ シンイチ   DOHI Shinichi
  土肥 紳一
   所属   東京電機大学  システムデザイン工学部(2017年度新設) デザイン工学科(2017年度新設)
   東京電機大学大学院  情報環境学研究科 情報環境学専攻
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報通信メディア工学専攻
   東京電機大学  情報環境学部 情報環境学科
   職種   教授
発表年月日 2009/11/20
発表テーマ 日本工学教育協会賞業績賞:モチベーションの向上を目指した教育の取組み
会議名 日本工学教育協会
発表形式 その他
発表者・共同発表者 土肥紳一,宮川 治,今野紀子,中村尚五
概要 モチベーションは個々の学生に内在するものであり,SIEMは受講者の成績の優劣に関係なく機能する.これが本取組みにおいて,重要な点である.セメスターの前期,中期,後期の時点で,モチベーションの測定・要因分析を行うことにより,迅速な対策を授業期間中に講じることが可能となった.そして,これらの実践によって得られた研究成果から,SIEMアセスメント尺度の各項目は,教授者と受講者間のマッチングにも応用できることがわかった.マッチングをレーダーチャートで示し,時間的変化を分析することにより,授業が受講者に対して適切に行われているか否かを客観的に測定できる.また,マッチングを定量化するため,レーダーチャートの面積をバランスと定義した.この年次変化を追跡した結果,徐々にマッチングが向上していく様子が示された.さらに,パス図の導入により,モチベーションの因子構造を可視化し,授業戦略のヒントとすることができた.現在では,受講者の座席情報を組み合わせることによって,教室内のモチベーション分布を可視化できるようになり,モチベーションが低迷している領域を把握すると共に,集中的な授業支援を行うことが可能となった.
57
6
19-20