ヨシモト カンタロウ   YOSHIMOTO Kantaro
  吉本 貫太郎
   所属   東京電機大学  未来科学部 ロボット・メカトロニクス学科
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 先端技術創成専攻
   東京電機大学大学院  未来科学研究科 ロボット・メカトロニクス学専攻
   職種   准教授
発表年月日 2014/01/24
発表テーマ IPMSM の鎖交磁束に着目した6次ラジアル力のモデル化及びその検証
会議名 電気学会半導体電力変換研究会
学会区分 研究会・シンポジウム等
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 兼松, 藤本, 堀, 榎本,金堂,金原,吉本,宮川
概要 抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。IPMSM(埋込磁石同期モータ)のラジアル力のモデル化および制御法に関しては未だに不明瞭な点が多い。本論では,dq軸6次高調波電流から6次ラジアル力までの近似モデルとそれを用いた6次ラジアル力制御を電磁界解析および実験により検証した。近似モデルから,d軸高調波電流が作る6次ラジアル力は永久磁石基本波磁束やd軸基本波電流に依存することが分かった。q軸高調波電流が作る6次ラジアル力は,q軸基本波電流に依存し,永久磁石基本波磁束やd軸基本波電流とは独立であることが判明した。
SPC-14
26-36.38-48
115-120