ヨシモト カンタロウ   YOSHIMOTO Kantaro
  吉本 貫太郎
   所属   東京電機大学  未来科学部 ロボット・メカトロニクス学科
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 先端技術創成専攻
   東京電機大学大学院  未来科学研究科 ロボット・メカトロニクス学専攻
   職種   准教授
発表年月日 2012/03/28
発表テーマ 磁石配置による磁束分布を考慮した無負荷時におけるIPMSMのラジアル力制御
会議名 電気学会自動車研究会
学会区分 研究会・シンポジウム等
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 兼松,宮島,藤本,堀,榎本,金山,宮川,吉本
概要 IPMSMの低振動・低騒音化のために,電磁加振力の半径方向成分であるラジアル力を,電流制御によって低減する方法を検討した。本稿では,12極18スロットのインナロータ型モータを対象に,無負荷時のラジアル力のモデル化と抑制手法を提案した。IPMSMのdq座標モデルに基づき,磁束分布の近似モデルを作成し,マクスウェル応力の積分によって,各ティースに働くラジアル力を算出する近似モデルを導出した。電気角2次のラジアル力の振幅を,電気角0と2π/3におけるラジアル力の差分で近似して,これを抑制するためのd軸電流を求めた。モデルの精度とラジアル力抑制効果を,電磁界解析及び実験によって検証した。
VT-12
5-19
13-18