イワイ マサユキ   IWAI Masayuki
  岩井 将行
   所属   東京電機大学  未来科学部 情報メディア学科
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報通信メディア工学専攻
   東京電機大学大学院  未来科学研究科 情報メディア学専攻
   職種   准教授
発表年月日 2015/09/15
発表テーマ 赤外線温度センサを用いたウエアラブル熱中症対策手法の一検討
会議名 情報科学技術フォーラムFIT2015 M-035
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 川瀬 瑞貴,横田 智樹,中下 岬,野中 直樹,岩井 将行
概要 近年、問題となっている熱中症は個人差や測定方法が確立されていないために、急激に症状が変化することがある。また、熱中症の眩暈や、吐き気の症状だけでなく、眩暈からくる転倒事故等の2次症状も十分に起こる可能性があり、最悪、死に至る可能性もある。熱中症が起こり得る環境を示す指数の一つとしてWBGT指数が存在する。しかしながら3種類の外気温度の測定が求められる上に、個人差を考慮することができない。そのため我々は、肌に密着していなくても皮膚の表面温度を測ることができる赤外線温度センサを用いることで、小型で計測しやすいウエラブルデバイスを開発し、熱中症を未然に防ぐことアラートシステムを開発したことを報告する。