イワイ マサユキ   IWAI Masayuki
  岩井 将行
   所属   東京電機大学  未来科学部 情報メディア学科
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報通信メディア工学専攻
   東京電機大学大学院  未来科学研究科 情報メディア学専攻
   職種   准教授
発表年月日 2015/07/09
発表テーマ 大船渡におけるNFC・QRコードを用いたツーリズムアプリケーションの実証
会議名 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム
学会区分 研究会・シンポジウム等
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 岩手県八幡平市
発表者・共同発表者 篠原 雅貴,日向 慧,飯塚 直亮,岩堀 哲也,川崎 以七海,三輪 洋介,岡田 謙吾,森川 祐亭,岩井 将行
概要 東日本大震災後4年が経過し災害の復興が進む中,特に被災地以外の人々の記憶の風化が進んでいると言われている.そこで我々は2015年3月8日,岩手県大船渡市でスマホdeチェックラリーを開催した.本イベントは大船渡市の各地に埋設されている株式会社リプロの復興情報杭をチェックポイントとしてチェックラリーを行う.復興情報杭にはNFCタグとQRコードが取り付けられ,本研究で開発したチェックラリーアプリケーションを起動した状態でそのどちらかを読み取り,読み取った情報がアプリケーション内に登録されていた場合はスマートフォン内のパズルの一部が埋めることができる.しかし,ピースを集める機能のみでは紙面で行うスタンプラリーと差がない.そこで,スマートフォンによって実現可能なナビゲーション機能,行動認識機能,雑談対話機能,杭情報閲覧機能,チェックラリー機能をアプリケーションに実装し,チェックラリー中にはスマートフォンに搭載されたセンサのログとアプリケーションの画面遷移ログを記録しアプリケーション利用状況の分析を行った.イベント終了後,参加者には本イベントとアプリケーションの評価アンケートを実施した.