イワイ マサユキ   IWAI Masayuki
  岩井 将行
   所属   東京電機大学  未来科学部 情報メディア学科
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報通信メディア工学専攻
   東京電機大学大学院  未来科学研究科 情報メディア学専攻
   職種   准教授
発表年月日 2015/07/15
発表テーマ ユーザ参加型センシングを目的としたXMPP通信を用いた位置情報共有サンダルの開発
会議名 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム
学会区分 研究会・シンポジウム等
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 末吉 佑一,田島 誠也,篠原 雅貴,岩井 将行
概要 実世界にGeofenceと呼ばれる仮想の領域を設定し,その領域への進入,逸脱や圏内にいた場合の検知を行う. これを低価格なAndroidスマートフォンとMVNO通信サービスを内蔵したサンダルを用いて利用する,これをGPSシューズと呼称する. GPSシューズを利用して徘徊状態の人物を初期状態で検知し.省電力での位置情報の通信を行うシステムの構築を想定した. XMPPサーバへのスマートフォンのセンサから取得した情報をJava SOX Libraryを用いて送信し,かつ各Geofenceの位置関係を利用して通信を制御する手法を提案,実装した.