イケダ ユウスケ   IKEDA Yusuke
  池田 雄介
   所属   東京電機大学大学院  未来科学研究科 情報メディア学専攻
   職種   助教(A)
発表年月日 2018/10/04
発表テーマ 複合現実技術を用いた広範囲3次元音場の可視化
会議名 平成30年度第3回アコースティックイメージング研究会
主催者 日本音響学会アコースティックイメージング研究会
学会区分 研究会・シンポジウム等
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 東京(早稲田大学)
発表者・共同発表者 池田 雄介, 片岡 優太, 寺岡 航, 及川 靖広
概要 これまで多くの実測に基づいた音場の可視化技術が提案されてきた。一方、近年の複合現実技術の発展によって、視覚に自然な奥行き情報を与え、実空間に仮想的な情報を重畳するといった、空間に対して自然な情報提示が可能となってきた。これまで我々は複合現実技術を用いた3次元音響インテンシティマップの可視化システムを提案してきた。手持ちマイクロホンアレイで空間を走査するだけで、リアルタイムに音場が可視化でき、従来システムより高速に広範囲の音場が計測可能となる。そこで、本稿では、これを用いた広範囲の三次元音場の可視化の例として、パーティションによる音波の回折や、廊下から部屋へと室内の音伝搬の可視化を紹介する。