イケダ ユウスケ   IKEDA Yusuke
  池田 雄介
   所属   東京電機大学大学院  未来科学研究科 情報メディア学専攻
   職種   助教(A)
発表年月日 2016/10/04
発表テーマ シースルー型ヘッドマウントディスプレイを用いた三次元音場情報呈示システム
会議名 日本音響学会アコースティックイメージング研究会
学会区分 地方学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 井上敦登, 池田 雄介, 矢田部浩平, 及川靖広
概要 音場の可視化手法の一つとして,カメラ画像または映像に音情報を重ねる手法がある.視覚情報と音情報の関連を効率的に理解することができるが,一般的な平面ディスプレイでは,画面に対して奥行き方向の音情報呈示が困難である.一方,頭部装着型の三次元ディスプレイ装置であるヘッドマウントディスプレイ(HMD)が急速に発展しており,ステレオカメラと組み合わせたビデオシースルー型HMDは,奥行き感のある拡張現実感を実現できる.本稿では,シースルー型HMDを用いて,三次元音場情報を両眼の映像に拡張するシステムを提案する.構築したシステムを用いてスピーカ周辺の三次元音響インテンシティマップを可視化する実験を行い,システムの有効性を検証した.