ドヒ シンイチ   DOHI Shinichi
  土肥 紳一
   所属   東京電機大学  システムデザイン工学部(2017年度新設) デザイン工学科(2017年度新設)
   東京電機大学大学院  情報環境学研究科 情報環境学専攻
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報通信メディア工学専攻
   東京電機大学  情報環境学部 情報環境学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/09
形態種別 ショートペーパー
標題 プログラミング入門教育におけるモチベーション分布の分析
執筆形態 共著
掲載誌名 情報科学技術フォーラム(FIT2008),一般講演論文集第4分冊
出版社・発行元 電子情報通信学会
巻・号・頁 67-70頁
著者・共著者 土肥紳一,宮川治,今野紀子
概要 2006年度の出生率は少し向上したものの,18歳人口の低下は今後も続く.新設学部や新設大学の設置認可は繰り返し行われる中,大学への進学率はさらに向上する.志願者と進学先の受け皿がバランスする2007年問題に直面し,大学の二極化が益々進行した.読売新聞社の教育ルネッサンスでは,大学の授業を変えようとする取組みとして「教師力大学編」が掲載され,社会問題として大きく取り上げられている.一方,日本工学教育協会の工学教育2007年7月号では,教育に関する論文の特集号が掲載されるなど工学の分野でも教育が重視されるようになった.多様化した受講者に対する,大学教員とのミスマッチがこれらの問題の根幹にある.このような問題を解決する一つの方法は,多様化した受講者に対する学習意欲の喚起,すなわちモチベーションの向上をいかに行うかである.この問題を放置すれば,挫折する受講者が増加し,ニートやフリータといった人材を大量に排出する結果を招くことになる.本論文では,教室内におけるモチベーション分布を示すことで,一層効果的なモチベーションの向上について探る.