シミズ ヤスオ   SHIMIZU Yasuo
  清水 康夫
   所属   東京電機大学  工学部 先端機械工学科
   東京電機大学  工学部 機械工学科
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 機械システム工学専攻
   東京電機大学大学院  工学研究科 機械工学専攻
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2019/08
形態種別 論説
標題 プリンキピア ー常識を変えたモノたちの物語ー
EPS(電動パワーステアリング)の誕生と普及拡大
一イノベーションとは?一
執筆形態 単著
掲載誌名 成形加工(プラスチック成形加工学会誌)
掲載区分国内
出版社・発行元 一般社団法人 プラスチック成形加工学
巻・号・頁 Vol. 31(No.8),313-314頁
総ページ数 2
概要 EPS(Electric Power Steering)は,今から30年程前に発明され,それまでパワーステアリングの主流であった油圧式を電動化して,操舵したときのみ必要な動力(電力)供給を可能にしたシステムである.駆動効率の飛躍的向上による自動車の燃費向上,C02削減に加えて,自動運転のアクチュエータとしても貢献する。現在では,普通車から軽自動車まで幅広く採用され,まさに日本で生まれた「パワーステアリングのスタンダード」といえる。本稿では,このEPSの誕生と普及拡大の取り組みを紹介し,イノベーションについて考察する。