クラモチ タカシ   KURAMOCHI Takashi
  倉持 卓司
   所属   東京電機大学  システムデザイン工学部 デザイン工学科
   東京電機大学大学院  情報環境学研究科 情報環境学専攻
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/04
形態種別 学術研究論文
査読 査読有り
標題 「The Saturday Evening Post」誌に見る黎明期のカースタイリング
〜乗用車の商品性変化と情緒的表現の成立過程〜
執筆形態 単著
掲載誌名 日本大学芸術学研究専門誌 芸術メディアコミュニケーション No.15
掲載区分国内
出版社・発行元 日本大学大学院
巻・号・頁 15,19-35頁
総ページ数 17
担当範囲 単書
著者・共著者 倉持卓司
概要 自動車の外観デザインは「カースタイリング」(CS)と呼称され、情緒的な魅力を表現する必要性が特徴となっている。本研究は大量生産により自動車産業が誕生した20世紀初頭の米国に焦点をあて、このCSの成立過程を明らかにすることを目的とした。そして当時の広告表現の詳細な調査から、顧客が自動車の外観に求める商品性が変化し、CSは美しさをアピールするための低く長い、新しいボディフォルムの創出のために成立に至ったという結論を導いた。