イシカワ ケイスケ   ISHIKAWA Keisuke
  石川 敬祐
   所属   東京電機大学  理工学部 理工学科 建築・都市環境学系
   東京電機大学大学院  理工学研究科 建築・都市環境学専攻
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 先端技術創成専攻
   職種   准教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2012/09
形態種別 国際会議論文
標題 Study of sand boiling characteristics along Tokyo bay during the 2011 Tohoku-Pacific ocean earthquake
執筆形態 共著
著者・共著者 ◎Keisuke Ishikawa
Susumu Yasuda
概要 2011年東北地方太平洋沖地震において東京湾岸エリアで液状化の際に発生した噴砂に関する研究である.本研究では,現地踏査で採取した噴砂試料の物理特性の評価やニュージーランドのクライストチャーチで発生した噴砂試料との比較を行った.その結果,両者で液状化した噴砂試料は,非塑性な細粒土を多く含む微細砂であった.このような試料は,液状化によって地盤内に発生した過剰間隙水圧の消散に伴う噴水の際に土粒子の粒径が小さいことから地上へ噴出しやすかったことが模型実験より確認された.