ヤマモト ヒロキ   YAMAMOTO Hiroki
  山本 宏樹
   所属   東京電機大学  理工学部 共通教育群
   職種   准教授
研究期間 2018/07~2021/03
研究課題 福祉的再編を基軸とした次世代型公教育システムの開発
実施形態 科学研究費補助金
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 挑戦的研究(萌芽)
代表分担区分 研究分担者
代表者 末冨芳(日本大学)
概要 本研究の最終ゴールは「福祉的再編を基軸とした次世代型公教育システム」を検討し、社会的政策的に提言、発信することにある。福祉的再編とは、子ども・学習者の福祉(well-being)の尊重を、あらゆる教育サービスの提供者が重視し活動しなければならない公教育システムへの移行を意味する。本研究が挑戦的であると自覚されるのは、これまでの教育学の主流的立場とは異なり、教育の市場的再編を否定せず、むしろ公教育へのビジネス参入による市場的再編も所与の条件としたうえで、たとえ営利組織であっても、伝統的な公立学校であっても、非営利法人運営のフリースクールでも、子ども・学習者のwell-beingを実現していくことのできる公教育システムを目ざす点にある。日本の公教育システムは閉塞状況にある。この状況をどう改善して行けば良いのかというオルタナティブスを、教育学はまだうまく示すことができていない。子どもから大人までのライフステージに渡って、営利非営利両部門で子ども・学習者のwell-beingが尊重される良質なサービスを受けることのできる次世代型公教育システムの構想・開発は、閉塞した日本の公教育システムの一つの解決策となるはずである。