photo
    (最終更新日:2017-05-06 14:30:22)
  ツミタ ヒロシ   TSUMITA Hiroshi
  積田 洋
   所属   東京電機大学  未来科学部 建築学科
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 建築・建設環境工学専攻
   東京電機大学大学院  未来科学研究科 建築学専攻
   職種   教授
■ ホームページ
   積田洋 / 建築・都市空間研究室
■ 現在の専門分野
都市計画・建築計画 
■ 著書・論文歴
1. 著書  建築設計テキスト 併用住宅 (共著) 2016/12
2. 著書  建築・都市計画のための空間学事典 増補改訂版 (共著) 2016/10
3. 著書  建築設計テキスト 図書館 (共著) 2016/02
4. 著書  建築空間計画 (共著) 2012/09
5. 著書  建築・都市計画のための調査・分析方法 (共著) 2012/05
全件表示(143件)
■ 受賞学術賞
1. 2014/11 栄誉賞受賞
■ 所属学会
1. 2003/04~ 人間・環境学会
2. 1976/04~ 日本建築学会
■ 学歴
1. 1971/04~1975/03 東京電機大学 工学部 建築学科 卒業
2. 東京大学 博士(工学)
■ 学会発表
1. 2015/09/04 サービスエリアにおける色彩構成と指摘による印象度の分析高速道路休憩施設における色彩構成と計画意図との相互関係の研究その 2(日本建築学会大会学術講演梗概集2015年) Link
2. 2015/09/04 商業施設および公共施設における配置計画の分析乳幼児連れの動線を考慮したベビー休憩室における配置計画に関する研究 その2(日本建築学会大会学術講演梗概集2015年) Link
3. 2015/09/04 高速道路休憩施設における色彩構成と計画意図との相互関係の研究その1サービスエリアにおける色彩構成の心理的評価の分析(日本建築学会大会学術講演梗概集2015年) Link
4. 2015/09/05 美術館・博物館のエントランスホールにおける心理的評価 と指摘法による滞留空間の特性の研究(日本建築学会大会学術講演梗概集2015年) Link
5. 2015/09/06 CGシミュレーションを用いた屋外広告物のシーケンシャルな指摘法分析不連続景観の空間構成に関する研究その15(日本建築学会大会学術講演梗概集2015年) Link
全件表示(140件)
■ 学内役職・委員
1. 2015/04/01~ 学校法人東京電機大学 未来科学部長
2. 2015/04/01~ 学校法人東京電機大学 未来科学研究科委員長
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2003/04~2006/03  建築とランドスケープの空間構成の評価と計画手法に関する研究 基盤研究C 
2. 2004/04~2007/03  都市空間のシークエンシャルな雰囲気が拡がり「気配」の構成に関する研究 基盤研究C 
3. 2011/04~2014/03  精神科病院における空間的アプローチによる治癒環境に関する研究 基盤研究C 
4. 2015/05~2016/01  高速道路休憩施設における建築ファサードの色彩構成に関する研究 国内共同研究 
■ 講師・講演
1. 2012/10 Attractiveness of urban space and architecture(ソウル科学技術大学)
2. 2012/12 精神科病院における保護室(隔離室)の構成と心理的評価に関する研究(東京)
3. 2015/07 建築・都市計画のための調査・分析方法
4. 2015/09 空間研究のこれまでとこれから
5. 2017/03 精神科病院建築の歴史的変遷と空間構成
■ 委員会・協会等
1. 1980/04/01~ 東京建築士会 会員
2. 1986/04/01~ 日本建築学会 論文集委員会・査読委員 技術報告集委員会・査読委員 関東支部研究選集 審査委員
3. 1988/04/01~2011/03/31 日本建築学会 建築計画委員会 計画設計情報小委員会 委員 関東支部建築計画部門 専門委員
4. 1998/04/01~ 日本建築学会 建築計画委員会 空間研究小委員会 委員 出版WG 主査 シンポジウムWG 委員
5. 2003/04/01~ 人間・環境学会 会員
全件表示(12件)
■ 研究紹介
建築や都市の空間をより美しく快適で豊潤な空間として創造していくためには、建築・都市のもつ機能的な側面のみならず、空間のもつ雰囲気や意識を客観的に捉え、人々の評価を主体として、実際の空間の有様や構成との関係を科学的な方法を用いて探求することが大切です。
当研究室では、都市や建築の景観、外部空間、ランドスケープ、歴史的な建築・都市空間、複合建築、学校建築、消防施設などの様々な空間を対象として、建築や都市空間の魅力がどのように形成・演出されているかを実際の空間でのフィールドサーベイを通して空間構成を明らかとするとともに、一方でゲシュタルト心理学など実験心理学的方法を用いて両者の関係を分析し、未来に向かって豊かな生活空間を創造するための「空間計画」や「建築計画」さらには「都市計画」について探求しています。

研究分野キーワード:建築計画・空間計画・都市計画