photo
    (最終更新日:2017-10-22 14:40:33)
  ドヒ シンイチ   DOHI Shinichi
  土肥 紳一
   所属   東京電機大学  システムデザイン工学部(2017年度新設) デザイン工学科(2017年度新設)
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 情報学専攻
   東京電機大学大学院  情報環境学研究科 情報環境学専攻
   東京電機大学  情報環境学部 情報環境学科
   職種   教授
■ ホームページ
   http://dohi.chiba.dendai.ac.jp/
■ 現在の専門分野
教育工学,学習環境 
■ 著書・論文歴
1. 論文  プログラミング教育における教室内の空気の調査 (単著) 2017/08 Link
2. その他 プログラミング入門学習後にマイコン「Arduino」導入  2016/08 Link
3. 論文  プライベートクラウドのデスクトップとのリモート接続を想定した情報教育におけるiPadの教授者による活用 (単著) 2016/08 Link
4. 著書  「工学」のおもしろさを学ぶ 新装版1刷 (共著) 2016/04
5. その他 第3回研究室訪問  2016/02
全件表示(108件)
■ 受賞学術賞
1. 2015/12 大学ICT推進協議会(AXIES) 最優秀論文賞
2. 2013/08 日本工学教育協会 工学教育賞(論文・論説部門)
3. 2012/12 大学ICT推進協議会(AXIES) 優秀論文賞
4. 2009/08 日本工学教育協会賞 業績賞
5. 2009/05 関東工学教育協会賞 業績賞
全件表示(21件)
■ 所属学会
1. 1982/04~ 情報処理学会
2. 2007/12~2008/03 ∟ 論文誌 論文査読委員
3. 2008/06~2008/06 ∟ コンピュータと教育研究会 情報教育シンポジウム 論文査読委員
4. 2011/09 ∟ FIT2016 コンピュータと教育(1) 9:30-12:00 1V会場 (函館短期大学 3F S32)座長
5. 2014/03 ∟ 情報処理学会第76回全国大会 セッション区分: 学生セッション(コンピュータと人間社会) セッション名: 単元教育支援 セッション日時: 3月13日(木) 14:30〜16:30 セッション会場: ZF セッション記号: 6ZF 座長
全件表示(25件)
■ 職歴
1. 1984/04~1990/03 東京電機大学 工学部第一部 電子計算機センター 技手
2. 1990/04~1999/03 東京電機大学 工学部第一部 電子計算機センター 講師(教育)
3. 1999/04~2001/03 東京電機大学 工学部第一部 基礎教育系列 講師
4. 2001/04~2006/03 東京電機大学 情報環境学部 情報環境工学科 講師
5. 2006/04~2007/03 東京電機大学 情報環境学部 情報環境学科 講師
全件表示(9件)
■ 学歴
1. 2013/02 東京電機大学 先端科学技術研究科 情報学専攻 博士課程 博士(工学)
2. 1978/04~1982/03 東京電機大学 工学部 卒業
3. 1982/04~1984/03 東京電機大学 工学研究科 修士課程修了
■ 学会発表
1. 2017/10/07 異なる学部のプログラミング入門教育におけるモチベーションのCS分析結果の比較(第59回総会)
2. 2017/10/06 いじめ防止教育のアクティブ・ラーニングによる取組み(第59回総会)
3. 2017/09/14 マスコットロボットを活用したリアルタイムによるテクノストレス解消の研究(情報科学技術フォーラム(FIT2017))
4. 2017/09/13 情報環境学部の「情報科教育法」について(情報科学技術フォーラム)
5. 2017/08/07 ArduinoによるコンピュータプログラミングAを教わった後のハードウェア入門3(PCカンファレンス2017)
全件表示(233件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012/04~2015/03  心理尺度を取り入れたモチベーション向上のための教室空間の研究 基盤研究(C) (キーワード:教育工学、学習環境)
2. 2012/04~2014/03  心理尺度を取り入れたモチベーション向上の研究 機関内共同研究 (キーワード:モチベーション、情報教育、プログラミング入門教育、SIEM、SIEMアセスメント尺度、授業改善)
3. 2015/04~2018/03  モチベーション向上のための教室空間の研究 基盤研究(C) (キーワード:教育工学,学習環境)
4. 2015/04~2017/03  モチベーション向上のための教室空間の研究(二酸化炭素濃度,温度,湿度の測定方法の開発) 機関内共同研究 
5. 2002/04~2003/03  魔法の黒板の開発 機関内共同研究 
全件表示(20件)
■ 講師・講演
1. 2015/11 でんだいキッズセミナー 「わくわく どきどきおもしろ情報たいけん」(現代産業科学館)
2. 2017/01 [TDU]“単位従量型”授業料のメリットと運用の実際 ~情報環境学部での先進的取り組みと今後~(東京)
3. 2008/02 PBL型教育の可能性について(同志社大学今出川校地)
4. 2012/01 東京電機大学情報環境学部におけるPBL型授業の評価について(同志社大学 東京オフィス)
5. 2012/02 東京電機大学情報環境学部におけるPBL型授業の評価について(同志社大学今出川校地)
全件表示(6件)
■ 委員会・協会等
1. 2017/09/14~2017/09/14 情報科学技術フォーラム 座長
2. 2017/03/16~2017/03/16 情報処理学会第79回全国大会 座長
3. 2016/09~2018/08 CIEC研究委員 委員および論文査読
4. 2016/06/01~2017/05/31 千葉県立印旛明誠高等学校「開かれた学校づくり委員会」 委員
5. 2016/05/11~2016/06/11 情報処理学会 論文誌ジャーナル編集委員会 論文査読委員
全件表示(48件)
■ 担当経験のある科目
1. エクステンション(コンピュータプログラミングAの補講)(東京電機大学)
2. エクステンション(コンピュータプログラミングAを教わった後のハードウェア入門)(東京電機大学)
3. エクステンション(仕事が面白くてしょうがないOB・OGの講演会)(東京電機大学)
4. カリキュラム計画(東京電機大学)
5. コンピュータプログラミングA(東京電機大学)
全件表示(27件)
■ 研究紹介
オーサリング研究室

(卒業研究・開発型プロジェクト)
学部生が個別復習システム(AIRS:An Individual Reviewing System エアーズ)の開発を続けています.学部の授業を対象に復習するためのコンテンツ開発と,コンテンツを表示するためのシステム開発を続けています.
http://airs.sie.dendai.ac.jp/

(基礎プロジェクト)
オブジェクト指向に基づくソフトウェアの部品化とその活用を目指し,アプリケーションの開発を続けています.
ハイパーナビゲータのコンテンツ開発を行っています.このサイトでは,情報環境学部の教育の特色を学生目線で紹介しています.
http://good-practice.sie.dendai.ac.jp/
印西市の自転車ルートマップを作成し,地域に貢献しています.

(プログラミング入門教育を対象とした,受講者のモチベーションの向上を目指した研究)
これを実現するための教授法(SIEM:Shool of Informtion Environment Method ジーム)とSIEMアセスメント尺度を開発し,プログラミング入門教育で実践しています.その結果,受講者のモチベーションを高い状態に維持できるようになりました,現在は,教室内の空気に着目し,モチベーションの向上を目指した研究を続けています.

(キーワード)
教育システム工学
コンテンツ開発
学習環境