photo
    (最終更新日:2017-10-04 09:21:35)
  シマダ マサノブ   SHIMADA Masanobu
  島田 政信
   所属   東京電機大学  理工学部 理工学科 建築・都市環境学系
   東京電機大学大学院  理工学研究科 建築・都市環境学専攻
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 先端技術創成専攻
   職種   教授
■ 現在の専門分野
Radar Remote sensing, Synthetic Aperture Radar, SAR interferometry, Forest observation 
■ 著書・論文歴
1. 論文  SAR Interferometry using ALOS-2 PALSAR-2 data for the Mw 7.8 Gorkha, Nepal earthquake (共著) 2016/12
2. 論文  Analysis of Coastal Sedimentation Impact to Jakarta Giant Sea Wall Using PSI ALOS PALSAR (共著) 2016/08
3. 論文  Examining High-Resolution PiSAR-L2 Textures for Estimating Tropical Forest Carbon Stocks (共著) 2016/07
4. 論文  Guest Editorial Foreword to the Special Issue on Synthetic Aperture Radar (SAR): New Techniques, Missions and Applications (共著) 2016/04
5. 論文  Pi-SAR-L2 Observation of the Landslide Caused by Typhoon Wipha on Izu Oshima Island (共著) 2016/04
全件表示(96件)
■ 受賞学術賞
1. 1996/10 Outstanding Achievement Award from the NASDA President: M. Shimada, “Detection of the Surface Deformation Using the SAR Interferometry,” 1996
2. 2000/07 The IEEE Interactive Session Prize Award of 2000 from IGARSS
3. 2004/11 Best Paper Award at autumn workshop of 2004, 39th Meeting of the Remote Sensing Society of Japan 2004, for M. Shimada, M. Watanabe, and T. Tadono, “Azimuth Shift of the SAR Image and Its Correction”.
4. 2006/07 2006 Chapter Excellent Award from IEEE GRSS to GRS29/Japan Chapter
5. 2006/11 Best Paper Award at autumn workshop of 2006, 41st Meeting of the Remote Sensing Society of Japan 2006, for T. Moriyama, M. Shimada, and M. Watanabe, “Polarimetric Calibration of the ALOS PALSAR”.
全件表示(16件)
■ 所属学会
1. 1979 日本リモートセンシング学会
2. 1990/04~1991 ∟ 論文編集委員
3. 2002/04~2004/03 ∟ 理事
4. 2006/04~2008/03 ∟ 理事
5. 1997/04~ IEEE geoscience and remote sensing
全件表示(11件)
■ 職歴
1. 1979/04~2015/03 宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター 研究領域総括
2. 2015/04~ 東京電機大学 理工学部 理工学科 建築・都市環境学系 教授
■ 学歴
1. 1973/04~1977/03 京都大学 工学部 航空工学科 卒業
2. 1977/04~1979/03 京都大学 工学研究科 工学研究科 航空工学 修士課程修了
3. 1999/03/17
(学位取得)
東京大学 博士(工学)
■ 学会発表
1. 2015/11 PALSAR-2 Along Track Interferometry (ATI)による移動体検出について(リモセン学会27秋季)
2. 2016/07/13 GENERATION OF THE FIRST PALSAR-2 GLOBAL MOSAIC 2014/2015 AND CHANGE DETECTION BETWEEN 2007 AND 2015 USING THE PALSAR AND PALSAR-2(IGARSS2016)
■ 社会における活動
1. 2011/07~ IEEE Fellow evaluation comittee member
2. 2014~ IEEE Tokyo chapter, IGRASS2019横浜招致委員会ー
3. 2015/04~ IEEE AES Japan Chapter副議長
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2008~2010  A-0802-2 PALSARを用いた森林劣化の指標の検出と排出量評価手法の推定に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2008~2010  B-0801-11 グローバルな森林炭素監視システムの開発に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2015/04~2017/03  ボルネオの熱帯泥炭林における炭素動態の広域評価システムの開発(平野 高司) 競争的資金等の外部資金による研究 
4. 2015/10~2018/03  無人機搭載SARのリピートパスインターフェロメトリMTIに係る研究 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2016/06~2021/03  森林変化・検出システムに係る処理・解析手法の開発 競争的資金等の外部資金による研究 
■ 講師・講演
1. 1991/07 地球観測のご説明(地球観測センター、鳩山)
2. 2008/10 ALOS/PALSAR forest monitoring activities in the Harapan Rainforest in Indonesia(Miraikan, Tokyo, Japn)
3. 2015/09 New global observation using the L-band SAR on ALOS-2(Singapore)
4. 2014/09 Global forest observation using the L-band SARs on ALOS and ALOS-2(Aberystwyth, UK)
5. 2013/10 Global Environment Monitoring Using SAR -The Future Of Remote Sensing Technology-(Bali, Indonesia)
全件表示(14件)
■ 委員会・協会等
1. 2007/07~2011/06 文部科学省  地震調査研究推進本部 衛星データ解析検討小委員会 委員
2. 2016/04/28~2017/03/31 横断型基幹科学技術研究団体連合 理事 Link
3. 2016/11/01~ 社会インフラのモニタリング技術活用推進検討委員会河川堤防WG(国土交通省) 学識者
4. 2017/04/03~2019/03/31 宇宙航空科学技術推進依託費審査評価専門ワーキンググループ 委員
5. 2017/07/26~2019/03/31 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の進捗管理に関わる外部専門家 外部専門家
■ 担当経験のある科目
1. 流体力学(流れの科学)(東京電機大学)
■ プロフィール
島田政信(シマダマサノブ):所属:宇宙航空研究開発機構、地球観測研究センター、1955年生まれ、京都大学工学部航空工学科卒業(1977年3月)、同修了(1979年3月)。工学博士(東京大学、1999)。1979年4月に宇宙開発事業団入社、地球観測研究センターで、JERS-1科学プロジェクト(世界森林マッピングプロジェクト とSAR 干渉処理プロジェクト) 、ALOS科学プロジェクトマネージャー。SAR Imaging, SAR CALVAL, SAR Interferometry, Polarimetryを主な研究テーマとする。NASAジェット推進研究所留学(1990年2月〜1991年1月)、IEEE Fellow (2011~)