photo
    (最終更新日:2017-10-25 17:40:24)
  シイバ キワム   SHIIBA Kiwamu
  椎葉 究
   所属   東京電機大学  理工学部 理工学科 生命理工学系
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 物質生命理工学専攻
   東京電機大学大学院  理工学研究科 生命理工学専攻
   職種   教授
■ 現在の専門分野
応用微生物学, 食品科学 (キーワード:食品 環境 バイオ) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  Chemical changes during sponge-dough fermentation (共著) 1990
2. 論文  Purification and characterization of lipoxygenase isozymes from wheat germ (共著) 1991
3. 論文  Preparation and characterization of water-soluble hemicellulose (arabinoxylan) from wheat bran (共著) 1992
4. その他 機能性食品素材の高度分離、精製と開発、小麦ふすまからの難消化性多糖類の分離・精製.   (共著) 1992
5. 論文  Purification and characterization of two arabinoxylans from wheat bran (共著) 1993
全件表示(42件)
■ 所属学会
1. 2011/12~ 日本農芸化学学会
2. 2012/04~ 日本食品科学工学会
3. 2012/12~ International American Association of Cereal Chemists
4. 2015/04~ 日本低温生物工学会
■ 学歴
1. 1981/04~1983/03 筑波大学大学院 環境科学研究科 修士課程修了
2. 九州大学 農学研究科 博士課程修了 博士(農学)
■ 学会発表
1. 2016/03/28 竹バイオマスのバイオリファイナリー(日本農芸化学学会2016年度大会)
2. 2017/03/17 豆類の生育ステージ、登熟期の GABA含量の比較(2017年度日本農芸化学会大会)
3. 2017/03/18 孟宗竹由来の抗酸化能を有するオリゴ糖の単離と構造解析(2017年度日本農芸化学学会大会)
4. 2017/03/19 小麦リポキシゲナーゼによるグルテニンサブユニットの構成変化機構の解明(2017年度日本農芸化学学会大会)
5. 2017/03/19 小麦リポキシゲナーゼ(LOX)のグルテン構造に与える影響と組換え体によるLOX大量発現(2017年度日本農芸化学学会大会)
全件表示(7件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013/04~2015/03  ソフトバイオマス竹からのバイオリファイナリ技術の開発 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2013/04~2014/03  バイオオーギュメンテーションによる油汚染の浄化 国内共同研究 
3. 2014/04~2015/03  ヒトの健康とエネルギー循環に資する竹の総合利用に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
■ 講師・講演
1. 2011/10 小さい微生物の大きなパワー(川越市)
2. 2012/12 バイオエネルギーの現状と課題(川越市)
3. 2014/06 環境バイオテクノロジーの課題とその利用について(千住キャンパス)
4. 2014/07 食品と微生物のとても深い関係    ―病気を予防する食品とは(川越プリンスホテル)
5. 2014/09 人間と微生物のとても深い関係 微生物の食品や環境保全への利用(川越市西文化会館)
全件表示(7件)
■ 委員会・協会等
1. 2014/04/01~ TDU産学交流会 常務理事