photo
    (最終更新日:2017-10-03 16:21:22)
  ヒラクリ ケンジ   HIRAKURI Kenji
  平栗 健二
   所属   東京電機大学  工学部 電気電子工学科
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 電気電子システム工学専攻
   東京電機大学大学院  工学研究科 電気電子工学専攻
   職種   教授
■ 提供可能な資源
DLC薄膜、CVDダイヤモンド、発光性ナノシリコン(粒子状、溶液分散状) 分析評価(SEM、Raman、XPS、AES、ICP-MS、XRD、AFM等)
■ ホームページ
   http://nanodevicelab.jp/
■ 現在の専門分野
薄膜・表面界面物性, 電子・電気材料工学, 無機材料・物性 , ナノ材料・ナノバイオサイエンス (キーワード:ダイヤモンド状炭素膜、人工ダイヤモンド、ナノシリコン) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  テクノロジー・ロードマップ (共著) 2015/09
2. 著書  ディジタル回路 (共著) 2015/06
3. 著書  これで使える機能性材料-パーフェクトガイド- (共著) 2012/03
4. 著書  DLCの応用技術―進化するダイヤモンドライクカーボンの産業応用と未来技術- (共著) 2007/12
5. 著書  DLC膜ハンドブック (共著) 2006
全件表示(123件)
■ 受賞学術賞
1. 1990 東京電機大学 研究振興会 論文賞
2. 2001 東京電機大学 研究振興会 論文賞
3. 2008/10 高橋賞(東京電機大学ME会)
■ 取得特許
1. 2011/06/10 高輝度・低駆動電圧型ナノシリコン発光素子とその製造方法(特許第4756240号)
2. 2012/07/27 発光輝度の持続性に優れたナノシリコン粒子とその製造方法(特許第5045876)
3. 2013/03/12 Method for forming diamond-like carbon film(US 8394455 B2)
4. 2014/02/07 非晶質状炭素膜の表面改質(特許第5467452号)
■ 所属学会
1. IEEE
2. 2005~2008 ∟ IEEE R10 Secretary (Board of member)
3. 2005/01~2006/12 ∟ IEEE日本カウンシル 理事
4. ダイヤモンドフォーラム研究会員
5. 1986/03~ 応用物理学会
■ 学会発表
1. 2015/04/08 Effect of oxygen plasma treatment for various a-C:H films(The 5th International Symposium on Surface and Interface of Biomaterials (ISSIB 2015))
2. 2015/04/15 Improvement of surface properties on microfluidic devices by diamond-like carbon coatings(2016 Internaitonal Conference on Electronics Packaging)
3. 2015/05/25 Effects of oxygen plasma treatment for a-C:H films(Conference on New Diamonds and Nano Carbons)
4. 2015/09/07 Correlation between biocompatibility and optical property of DLC films(International Conference On Diamond and Carbon Materials 2015)
5. 2015/09/07 Cytotoxicity of Zn-doped DLC for osteoblasts(International Conference On Diamond and Carbon Materials 2015 , 6-10 September 2015)
全件表示(167件)
■ 学内役職・委員
1. 2008/04/01~2012/03/31 学校法人東京電機大学 工学部次長
2. 2008/04/01~2012/03/31 学校法人東京電機大学 社会人コース主任
3. 2012/04/01~2013/03/31 学校法人東京電機大学 電気工学専攻主任
4. 2013/04/01~2016/03/31 学校法人東京電機大学 学長補佐
5. 2013/04/01~2016/03/31 学校法人東京電機大学 研究推進社会連携センター副センター長
全件表示(9件)
■ 社会における活動
1. 2010/04~ 大学基準協会 大学評価委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~  DLCの特性評価に関する研究 企業からの受託研究 
■ 講師・講演
1. 2002/07 [Deposition of DLC films on polymeric materials for biomaterials] International Conference on Diamond Science and Technology 2002(Melbourne, Australia)
2. 2002/09 [Application of DLC films to IC fabrication process as a mask] International Conference of Diamond 2002(Granada, Spain)
3. 2002/09 [Deposition of DLC films on diaphragm in artificial heart for prevention of inter diffusion] International Conference of Diamond 2002(Granada, Spain)
4. 2002/09 [Diamond growth in stainless steel substrates using hot-filament CVD technique] International Conference of Diamond 2002(Granada, Spain)
5. 2002/09 [Field emission from DLC films grown on diamond/Fe/Si substrates] International Conference of Diamond 2002(Granada, Spain)
全件表示(22件)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2008/03/21~2008/03/21 地域発産学連携ものづくりフォーラム(横浜産貿ホール)
2. 2010/02/18~2010/02/18 ASTEC 2010(東京ビックサイト)
■ 委員会・協会等
1. 2005/01/01~2006/12/31 IEEE Japan Council 理事
2. 2015/04/01~2017/03/31 公益社団法人 応用物理学会 プログラム編集委員
3. 2005/01/01~2006/12/31 IEEE Region 10 Secretary
4. 2010/04/01~ 大学基準協会 分科会評価委員
5. 2011/04/01~ DLC規格化委員会 委員
全件表示(15件)
■ プロフィール
DLCの応用:ダイヤモンド状炭素(DLC)膜の特性を応用して実用化製品の開発に力を注いでいる。DLCは、高硬度、耐摩耗性、低摩擦係数、電気的絶縁性などの性質から、機械用部材への表面加工技術として開発されている。この特性以外にも、化学安定性、ガスバリヤ性、生体親和性などの特徴を有する非晶質炭素膜として、ペットボトルや医療用ステントまで、幅広い産業分野で活用されている。この魅力的な特性を活用する検討が広まっているが、作製方法や合成装置により特性の異なる特性のDLCが得られ、応用性への障害となっている。そこで、医療分野では、DLCの抗血栓性、細胞親和性、抗菌性などの生体特性をいかに最適化するかが問われている。特に、DLCのバイオマテリアルへの応用を目的として、生体適合性ならびに機能性を評価している。