(最終更新日:2017-08-28 16:35:10)
  ハタナカ マサシ   HATANAKA Masashi
  畠中 正志
   所属   東京電機大学大学院  工学研究科 物質工学専攻
   職種   助教(A)
■ 現在の専門分野
物理化学 (キーワード:理論化学・量子化学、磁性、旋光性、錯形成) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  Some structural aspects of ammeline ― Keto preference and dimerization ―
M. Hatanaka, submitted. (単著) 2017
2. 論文  Pseudo Jahn-Teller effects and optical activities of negatively curved hydrocarbons.
M. Hatanaka, J. Phys. Conf., 833, 012011 (2017). (単著) 2017/05
3. 論文  Quantitative evaluation of rate determining steps in polymer complexation.
M. Hatanaka, K. Nishino, M. Miyasaka, J. Appl. Polym. Sci., 134, 44738 (2017). (共著) 2017/05
4. 論文  Puckering energetics and optical activities of [7]circulene conformers.
M. Hatanaka, J. Phys. Chem. A, 120, 1074-1083 (2016). (単著) 2016/02
5. 論文  Unusual tautomeric energetics in 4n azaheterocycles.
M. Hatanaka, Bull. Chem. Soc. Jpn., 88, 1147-1149 (2015). (単著) 2015/05
全件表示(48件)
■ 受賞学術賞
1. 2008/04 日本化学会 欧文誌 BCSJ賞
2. 2008/08 日本化学会 欧文誌 Selected Paper
■ 取得特許
1. 新規なキトサン誘導体及びその用途. 特許公開2000-038403.(特許公開2000-038403)
2. 2007/07/06 重合性マロン酸誘導体および硬化性組成物. 特許公開平10-316643 (1998年), 特許3980120 (2007/7/6).(特許3980120)
3. 2006/03/17 ピラゾール系化合物および硬化性組成物. 特許公開平10-316663 (1998年), 特許3781862 (2006/3/17).(特許3781862)
4. 光消色型固形筆記具. 特許公開平09-279081 (1997年).(特許公開平09-279081)
■ 所属学会
1. 2004/04~ 高分子学会
■ 職歴
1. 2015/04~ 東京電機大学大学院 工学研究科 物質工学専攻 助教(A)
■ その他
J. Appl. Polym. Sci., 134 (17), cover image (2017).
M. Hatanaka

Int. J. Quant. Chem., 113 (22), cover image (2013).
M. Hatanaka

Bull. Chem. Soc. Jpn., 81 (4), cover image (2008).
M. Hatanaka
■ 学会発表
1. 2016/08/28 Pseudo Jahn-Teller effects and optical activities of negatively curved hydrocarbons(XXIIIrd International Symposium on the Jahn-Teller Effect, Tartu, Estonia)
2. 2017/03/15 Rate Determining Steps in Polymer-Complexation and Ion-Exchange Kinetics(EMN Meeting on Polymer & BEM, 2017, Auckland, NZ)
■ 社会における活動
1. 2015/04~ 日本大学生産工学部 非常勤講師
■ 講師・講演
1. 2017/03 Rate Determining Steps in Polymer-Complexation and Ion-Exchange Kinetics(Auckland, NZ)
■ 研究紹介
有機磁性体の電子状態を理論的に解析し、分子設計の指導原理を模索しています。特に高分子における局在化軌道(ワニエ関数)の理論とその応用に注力しています。

有機・高分子化合物の光学活性を理論的に導出し、旋光度や円二色性の理論計算に取り組んでいます。また、光学分割の基礎研究を実験と併行しつつ進めています。

反応拡散系としての吸着や錯形成反応を理論・実験の両面から解析し、分析化学や環境化学に応用しています。

キーワード:磁性、光学活性、錯形成