(最終更新日:2017-09-22 12:03:15)
  ネモト ワタル   NEMOTO Wataru
  根本 航
   所属   東京電機大学  理工学部 理工学科 生命理工学系
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 物質生命理工学専攻
   東京電機大学大学院  理工学研究科 生命理工学専攻
   職種   准教授
■ ホームページ
   情報分子生物学研究室ホームページ(研究紹介等)
   生命科学コース (2018年度より分子生命科学コース) 紹介用動画
   生物環境コース (2018年度より環境生命工学コース) 紹介用動画
   GRIP
   Pftkool
全件表示(6件)
■ 共同研究希望テーマ
1. 創薬標的探索
2. 大規模生物学データ解析
3. 次世代シーケンサーデータ解析
4. 遺伝子・タンパク質・細胞機能改変のための低分子設計
■ 現在の専門分野
生体生命情報学, 生物物理学 (キーワード:バイオインフォマティクス、タンパク質、膜タンパク質、GPCR、ヘテロダイマー、立体構造、創薬、大規模データ、画像解析) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  GGIP: structure and sequence-based GPCR-GPCR interaction pair predictor (共著) 2016/05 Link
2. 論文  DOR A Database of Olfactory Receptors (共著) 2014/07 Link
3. 論文  Recent advances in functional region prediction by using structural and evolutionary information. -Remaining problems and future extensions- (共著) 2013/12 Link
4. 論文  Evolutionary analysis of functional divergence among chemokine receptors, decoy receptors and viral receptors (共著) 2012/07
5. 論文  Residue conservation and dimer-interface analysis of olfactory receptor molecular models :100 OR models for the molecular biochemists (共著) 2012/07
全件表示(21件)
■ 受賞学術賞
1. 2005/03 POSTER AWARD of the year: 14th ScreenTech & TargetTalk 2005
2. 2005/09 POSTER AWARD of chanels and receptors: 15th IUPAB (International Union for Pure and Applied Biophysics Congress) & 5th EBSA (European Biophysics Societies’ Association) Internation
3. 2013/09 Poster award (2nd prize) of the 2nd IITM – Tokyo Tech Joint Symposium on "Techniques and Applications of Bioinformatics"
■ 所属学会
1. 2015~ Biophysical Society
2. 日本生物物理学会
3. 情報計算化学生物学会
4. 日本蛋白質科学会
5. 日本生化学会
全件表示(6件)
■ 職歴
1. 2005/04~2005/09 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 情報生命科学専攻 日本学術振興会特別研究員 (DC2)
2. 2005/10~2007/03 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 情報生命科学専攻 日本学術振興会特別研究員 (PD)
3. 2006/02~2007/03 The University of Cambridge Biochemistry Department 日本学術振興会特別研究員 (PD)
4. 2007/04~2012/03 産業技術総合研究所 生命情報工学研究センター 産総研特別研究員
5. 2008/04~2012/03 産業技術総合研究所 生命情報工学研究センター JST社会人再教育バイオインフォマティクスコース講師
全件表示(8件)
■ その他
Gタンパク質間相互作用のためのインターフェイス予測手法 GRIP Link
■ 学歴
1. 2001/04~2003/03 立命館大学大学院 理工学部 環境社会工学専攻 修士課程修了
2. 2003/04~2005/09 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 情報生命科学専攻 博士課程修了 博士(理学)
■ 学会発表
1. 2012/12/15 GPCRs diversify signal transduction pathways through the formation of hetero dimers(日本生化学会)
2. 2013/01/08 GGIP: GPCR-GPCR Interaction Partner prediction(International conference on Biomolecular forms and functions)
3. 2013/07/29 GGIP : GPCR-GPCR Pair prediction(International Conference on Structural Genomics 2013 – Structural Life Science – (ICSG2013-SLS))
4. 2013/09/27 FREPS : Functional REgion Prediction by using Spatial statistics(2nd IITM – Tokyo Tech Joint Symposium on "Techniques and Applications of Bioinformatics")
5. 2013/09/27 GGIP : GPCR-GPCR Interaction Pair prediction(2nd IITM – Tokyo Tech Joint Symposium on "Techniques and Applications of Bioinformatics")
全件表示(28件)
■ 社会における活動
1. 2015/07~2016/06 学会認定試験問題作成協力者
2. 2016/04~ 学会認定試験委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2005/04~2007/03  タンパク質間相互作用のためのインタフェースを予測する手法の開発 科学研究費補助金特別研究員奨励費 
2. 2007/10~2010/09  Japan-India Strategic International Cooperative Program 国際共同研究 
3. 2008/04~2010/03  空間統計学を用いた生体情報システムを解析する手法の開発 若手研究(B) 
4. 2010/09~2012/03  微生物DNAに特化したデータ整理法に関する研究 企業からの受託研究 
5. 2011~2012  GPCRオリゴマー化を標的とした創薬に関する研究 企業からの受託研究 
全件表示(13件)
■ 講師・講演
1. 2006/07 A novel statistical prediction method for multiple candidates of protein-protein interaction interfaces(Wurzburg, Germany)
2. 2006/10 A novel statistical prediction method for functional regions of the proteins of unknown function(STRUBI, WTCHG, Oxford University)
3. 2006/11 A novel statistical prediction method for multiple protein-protein interaction interfaces(Okinawa, Japan)
4. 2006/11 創薬標的としてのGPCRsオリゴマー化と、そ のインターフェイス予測(東京, 日本)
5. 2009/02 相同配列と立体構造を利用したタンパク質機能部位予測(福岡, 日本)
全件表示(16件)