photo
    (最終更新日:2017-04-04 17:29:42)
  ナガハラ ユキトシ   NAGAHARA Yukitoshi
  長原 礼宗
   所属   東京電機大学  理工学部 理工学科 生命理工学系
   東京電機大学大学院  先端科学技術研究科 物質生命理工学専攻
   東京電機大学大学院  理工学研究科 生命理工学専攻
   職種   教授
■ ホームページ
   http://www.b.dendai.ac.jp/~biochem
■ 現在の専門分野
機能生物化学, 生物系薬学, 皮膚科学 (キーワード:アポトーシス、オートファジー、マクロファ−ジ、カスパーゼ) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  Activation of a Kex2 protease-resembling enzyme in HepG2 cells under apoptotic cell death. (共著) 
2. 論文  Caspase-6 induces 7A6 antigen localization to mitochondria during FAS-induced apoptosis of Jurkat cells (共著) 2017/04
3. 論文  Impaired CD98 signaling protects against graft-versus-host disease by increasing regulatory T cells. (共著) 2016/03
4. 論文  Liver resident macrophages (Kupffer cells) share several functional antigens in common with endothelial cells (共著) 2016/02
5. 論文  Use of high concentrations of Dimethyl Sulfoxide for Cryopreservation of HepG2 cells Adhered to glass and Polydimethylsiloxane matrices (共著) 2016/02
全件表示(37件)
■ 取得特許
1. 2013/04/05 タモキシフェン類縁体を有効成分として含有する抗ガン剤(5234558)
2. 2013/11/07 新規化合物及びその製造方法並びに抗がん剤(WO2013/165005)
3. 2014/06/13 マクロファージ貪食能活性化組成物および/またはマクロファージにおけるサイトカイン産生促進組成物(5559173)
4. 2016/12/09 カスパーゼ14合成促進剤(6052719)
■ 所属学会
1. 1998~ 日本生化学会
2. 1998~ 日本薬学会
3. 2017/02~2019/01 ∟ 関東支部幹事
4. 2008~ アメリカ化学会
5. 2011~ 日本免疫学会
全件表示(9件)
■ 学会発表
1. 2012/03/29 R-848とアウレオバシジウム培養液共添加によるマクロファージ貪食能亢進のメカニズム(日本薬学会)
2. 2012/03/29 イヌリンによるマクロファージの貪食亢進メカニズム解析(日本薬学会)
3. 2012/03/29 肝常在性マクロファージ細胞群(Kupffer 細胞)の特異性解析 IV(日本薬学会)
4. 2012/09/08 Aureobasidium culture supernatant synergistically stimulated R-848 activated phagocytosis of PMA-induced THP-1 macrophages.(Congress IUBMB-FEBS)
5. 2012/12/16 ES細胞の分化誘導におけるアポトーシス抵抗性の解明(日本生化学会)
全件表示(63件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2005/07  Phytosphingosine induced protein phosphatase mediated cell cycle arrest and apoptosis その他の補助金・助成金 
2. 2007/10~2008/10  質量分析計を用いたアポトーシス進行時におけるミトコンドリア局在タンパク質の解析 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2011/04~2016/03  複数の作用メカニズムを同時に発現する革新的抗がん剤の開発 創薬基盤推進研究事業(政策創薬探索研究事業) 
4. 2014/04~2016/03  カスパーゼ14発現増強を介した皮膚保湿改善機構の開発 若手研究(B) 
5. 2014/04~2015/03  死細胞はいかにして生体から消えるか? —特異的消失機構に関する基礎研究— 競争的資金等の外部資金による研究 
全件表示(7件)
■ 講師・講演
1. 2013/10 皮膚保湿に関与する酵素、カスパーゼ14の合成促進剤(JST東京本部別館ホール)
2. 2014/06 皮膚保湿に関与する酵素,カスパーゼ14の合成促進剤
3. 2015/07 皮膚保湿に関与する酵素カスパーゼ14の合成促進剤(さいたま市)
4. 2016/08 肌保湿にきくカスパーゼ14合成促進剤